人生は旅です

大好きなところはヨーロッパです。好きな言葉は夢です。ブログは私の心の窓です。

野生動物&野鳥の楽園 ⑤

2017-06-21 10:21:29 | 旅行記

毎朝、ルームサービスをしてくれます野菜ジュース&コーヒー等を注文できます朝のサファリドライブへ出かけましたああ!カバがロッジの敷地に遊びに来てくれましたよ。

こんなに大きい体なのに、どうやって、ここに入ってきたのか、とっても不思議でした

クラハシコウです。

コウノトリ科。

嘴の中間が鞍のよう。

シラサギです。

小さい水が溜まる場所を通ると、ヒメヤマミセに出会い

分布はアフリカから中東&南アジアです。

全長は25cmほどで、ヤマセミよりかなり小さい。

口の中に何か入ってました。私は好きな鳥の一つです

 ホバリングをしたり、光線もよく、撮影に大満足しました

ええ!この植物は面白いと思って、車を止めてもらいました現地の人から「猿のパン」だと呼ばれています

要するに猿が食べるから

ここにいろいろとクロトキ&サギとかが大集合していますね。

遠すぎたから。

撮影は断念

証拠写真になりました

クロトキは空中に止まっていましたね

美しかった

ミナミジサイチョウです(学名:Bucorvus cafer)鳥類の一種

地上性の肉食のサイチョウ類。草原の掃除屋という異名を持ち、嘴はサイの角のように長く硬く発達していて、あまり飛べないようです

でもすぐブッシュの中に入って行きましたシママングースが現れてくれました背中に模様があります。

寿命は12年。分布はアフリカ大陸です。

私たちに興味深々でしたね

でも、すぐ逃げましたヤズガシラです。

ほぼ毎日ライラックニシブッポウソウに出会うなんて!幸せな気分です

エジプトガンも何回も見ました。

アフリカトキコウ(Yellow-billed Stork)がいました。

コウノトリ目コウノトリ科に分類される鳥類の一種である。別名トキコウ。

一人で踊っていました。

サハラ以南のアフリカ&マガダガスカルに生息しています。

ああ。飛んでいきました。

この保護区ではキャンピングカーが走ってました。ナミビアから来る観光客が多いそうです

親子です。

川沿いでのお散歩ですか

いろいろ動物がいましたね。

シマウマはダニ&虫を取るため、砂浴びをしていました。

遠くにイボイノシシもいましたね。

仲良しのカップル

ティータイム。

鳥の巣がいっぱいありましたね。

 カササギモズ(Magpie Shrike)です。分布は東南アフリカの草原&サバンナ

カバは昼間、ほとんど水中の中にいること。

ランチは美味しかったですパンも焼きたてです。

つい、シャルドネを飲みたくなりますどこのロッジもそうでしたが、いつも3時半からティータイムです。いろいろ手作りのクッキー等を出してくれますいままで、一度も食べたことがないです。だって、お腹に入る余裕がありません夕方、ボートサファリに出かけました。ロッジのところからすぐボートに乗れます。

ああ!ヒメハチクイです。

体長15cm、名前の通り小型のハチクイで、ミツバチや狩り蜂を空中で器用にキャッチして捕食します。捉えたハチは枝などに叩き付けて、毒針を抜いてから食べるそうです。

ああ!虫を咥えていましたね

よく綺麗に撮れましたね。自分を褒めたくなりました

睡蓮が綺麗でしたね。

三色ウミワシは魚を狙ってましたね。

偶に、象たちは川を渡ったりするそうです

アメリカの白頭鷲に似ているけど、アフリカに白頭鷲はいないそうです

ここはオカバンゴのメインの水域です。

一応、川になっています一年中、ボートサファリが出来ます。

最後、サプライズをしてくれました。少し、上陸し、サンセットを観賞しました。

大きな収穫がありませんでした

明日から、別のキャンプに移動しますディナーの前にスタッフたちが踊ってくれました。ここの料理が一番美味しかったかな

昨日、布団が寒かったので、湯たんぽ2個&ベラゲット1個を増加してもらいました布団の中は暖かかったですこのロッジのスタッフはよかった

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野生動物&野鳥の楽園 ④ | トップ | 野生動物&野鳥の楽園 ⑥ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL