人生は旅です

大好きなところはヨーロッパです。好きな言葉は夢です。ブログは私の心の窓です。

ケアの旅

2017-04-13 13:35:04 | 旅行記

昨年から2ヶ月&1ヶ月置きに海外旅行(しかも動物観察のサファリー)ばかりしていたので、体をケアしておかないと、長年自分が通っている北京にあるエステサロンに行くことにしました漢方マッサージの先生もいるし、体の内部から調整してくれます別宅があるところです

いつも北京はスモックというイメージでしたが、私は行くとなぜか晴天になってくれますしばらく晴天が続いたらしい毎日か1日置きかエステに通いました

ちょうど、お花が満開の時期です

別宅の敷地内でいろいろなお花見ができました

まず、びっくりしたのは美しいハナカイドウ(花海棠)です

ハナカイドウ(花海棠、学名:Malus halliana)は、バラ科リンゴ属の耐寒性落葉高木。蕾も可愛いね

別名はカイドウ(海棠)中国原産の落葉小高木花期は4 - 5月頃で淡紅色の花を咲かせます

性質は強健で育てやすい。花が咲いた後の林檎に似た小さな赤い実は、よく食べます

花言葉は「温和」「妖艶」「艶麗」「美人の眠り」。この花言葉は、ほろ酔い加減で眠そうにしている美しい楊貴妃を見て皇帝が「海棠の眠り未だ足らず」といったことに由来していますそのため、中国では「眠花」(カイドウ)と呼ばれ、美しい人を指す言葉ともなります花言葉も素敵です

こんなに美しく、満開になったハナカイドって、私も初めて見ました

同時に桃の花も開花していました

バラ科スモモ属モモ(桃Peach Prunus persica)は中国原産の双子葉、落葉小高木です

中国原産の桃は世界中で親しまれ、食用としても人気です

また桃は文学や漢詩、書画の題材としても広く取り上げられています

以前に、5月に桃の花見をすると聞いていましたが、まさか、今、4月始めなのに、もう桃も満開になっていましたね

しかも、種類がいくつあります。

中国のモモの花は、赤色、紅色、桃色、薄紅色、白色など様々な色のものがあります

中国では紅色のモモの花も好まれるようです

ハナズオウも満開(花蘇芳、Cercis chinensis)は中国原産のマメ科ジャケツイバラ亜の落葉低木で、春に咲く花です。ハナズオウの花言葉は「疑惑」「裏切り」「不信」というユダの伝説に因んで付いた花言葉です

ハナズオウが別名「ユダの木」と呼ばれています綺麗ですよ

イエス・キリストの12人の使徒の1人のユダが、ハナズオウで首を吊ったという伝説です

桜も満開

いつもこの時期になると、東京のほうでは桜が満開ですが。やっぱり綺麗ですね

タイミングで見られないのか気になっていたのに、まさか、北京でも綺麗な桜を見ることができました

このすごく小さい桜もありました初めて見たかもしれません

まさか、綺麗な紅葉ですよ

お花は全て自分のため、咲いてくれたと思った人って!嬉しくなって、感謝の気持ちしかありません

 

綺麗なモクレンも満喫しました

モクレン(木蓮、木蘭)中国では紫玉兰と表記し、花がランに似ていることに由来する

原産地は中国南西部(雲南省&四川省)

北朝鮮の国花となっているそうです

大好きな&思い出のあるお花はライラックもあっちこっちに咲いていて、子供頃、うちの庭にいっぱい咲いてました

原産地はヨーロッパ東南部です

色がピンク&白&紫&青です

開花時期は4月~6月。花言葉は思い出」「友情」「謙虚」

西洋での花言葉&英語 Language of flowers「pride(誇り)」「beauty(美)」とってもいい香りがしますよ

ライラックの木の前にいると足が動かなくなります

意外にも札幌市の花だそうですもう一つ香りがするお花は藤の花です。

黄色のお花が咲いてました。

これってびっくり!こんなに高い木の上に小さい黄色のお花がたくさん咲いてました

木の名前を知りません

金鳳花 (きんぽうげ)です。

鳥の巣もありました。カササギの仲間ですか

毎年、今頃、気温が上がり、今年はなぜか涼しかったです。肌寒い日もありましたラッキーでしたよ。毎回、食べたくなる料理は「北京ダック」です早速、北京に着いた翌日に食べに行きました目の前で作業をしてくれます

やっぱりダックの皮もお肉もたっぷり頂きました。

前菜&揚げた肉団子です

北京のしゃぶしゃぶ料理を紹介します。お肉を食べるより内臓のほうが好みです。日本のしゃぶしゃぶ料理よりお野菜や豆腐などいっぱい食べることができます

鍋の種類がいくつかあって、この鍋は昔によく使われている鍋です。「銅鍋」という

お肉が新鮮だから、鍋に泡が出ないです。最近、ウクライナのレストランができたと聞いたので、行ってみることにしました

ウクライナから来られた方々はプロです引退して、ここでお仕事をしています

さすが、姿勢&歌もプロ級です

 料理がいまいちでした

なぜ、ドイツビールをおいてあったのか、とりあえず、乾杯ウクライナ料理と言えば、まず、スープを注文してみました。トマト味のほうがよかったです。これは中華風のアイスバインですよ

みんなが自分の国の味にしてしまいますソーセージの盛り合わせです

あれこれありましたが、カロリーが高いものばかりでしたね北京の家庭料理でよく出すのは「豚足」です

味付けは豚煮と同じです。女性に人気があります。コラーゲンがたっぷり。私の好物ですこれは「香椿」という。

豆腐やお豆を入れて、ごま油&お塩と一緒混ぜて食べます日本では見たことがないなあ!好きな食べ物です北京の地元の人たちは朝食って、外食が多い揚げパン&豆乳とかよく食べます。

VIP会員になったエステサロンはこんなところです。

オーナーは女性で、香港の方です

日本からここに通っている人って、すごくありませんかハ~ハ~!マッサージが大好きです10年以上お世話になっている担当者がいますよく体調を整ったかな!帰国の日の朝から綺麗なお月様から朝日を見せてくれました

 

飛行機は後方が「貸切状態」でした

日本に帰ったら、多忙な日々に追われることでしょう


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の北京 | トップ | 70回目示現会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事