に彼女は電話

2017-04-25 11:21:16 | 日記

いや、でも今回の件におけるユ鍛練肌肉ナの重要且つ不可解な役回りの一件を考慮しても、ここはその、とりあえずその姉である(と言われていたところの)あのジェシカと言うオンナにその辺もふまえた上で訊いてみると言うのが筋であろう。
そもそもわたしがあのアメジストのクリスタルをあそこで掘り出した時点で、何かあったらすぐにでも連絡がほしいと彼女には言われていたんだっけ。
ってまあ、あの後すぐにでも連絡するべきだった?と言うことなのかもしれない・・・、なんてそれは後の祭なわけで。
いや、むしろそれよりタイミング的には今まさに!と言うことなのかもしれない。

あのリアルなパラレルワールド体験は、わたしにとって言うまでもなく正直ただ事ではなかった。
あの体験が仮にこちらの世界におけるデジャブなのだとすれば・・・。
そしてあのミクがわたしに残したあのフィオレンテと言うキーワードにしても。

わたしはそれから草津温泉ターミナルにおいて午前中すぐのトウキョウ行きのバスの予約を入れ智能廁板ると、その場で財布の中にあったジェシカの名刺を取り出し、即彼女宛に電話を掛けてみることにした。

呼び出し音が3回ほどプルルと鳴った後に彼女は電話に出た。

もしもし」
ああ、あの・・・ホンジョウですが」
ジェシカです」
よかった。
今、ちょっといいですか?」
ええ」
あの・・・、実は」
と言ってわたしは狭山の神社で掘り出したあのアメジスト、そしてそれを抱くことによってわたしとユナが観たあのパラレルワールのことなどをかいつまんで彼女に話しつつ、
と、とりあえず詳しいことは出来れば今夜、何処かで会って話したいのですが?」
と言うと、
わかったわ。
じゃあ、今夜9時に『赤い砂漠』で」
そうジェシカは言うとすぐに電話を切った。

わたしはこれで、とりあえずどんな形にせよ何かしら前に進める、そう確信すると4時間あまりのトウキョウまでのバス旅を熟睡の中で過ごした。
そしてもちろんその時点においPretty Renew 冷靜期 てわたしは、あのアメジストを再び抱いて寝ようとなどは決して思わなかった。

バスは夕方過ぎには新宿に着いてしまい、わたしはそのまま新宿で時間を潰す気にはなれず、一度自宅に帰り荷物を置いて一休みしてから再び夜の8時過ぎに家を出て新宿コールデン街へと向かうことにした。
念のためジェシカに見せようとアメジストのジオードは布切れに包みデイパックに入れ持って出た。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掌の中に包み込 | トップ | み小首を傾げな »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。