妙に不安に駆られ

2016-11-02 11:19:42 | 日記

床に広げたティッシュに転々と付着する“抜いた鼻毛”の数を数え、「また8本も抜けたよ・・・」と独り言を呟やいた。
このまま鼻毛が抜け続ければいつか俺の鼻毛は絶滅する、と妙に不安に駆られながらムクっと起き上がった六助は、壁に掛けてある時計の針を見迪士尼美語 有沒有效た。
深夜3時。
そろそろだな・・・
鼻毛が並べられたティッシュを慎重に持ち上げた六助は、テレビの横に置いてある牛乳瓶の中へと鼻毛をサラサラっと落とした。その牛乳瓶の底には、これまでに抜いた歴代の鼻毛達がまるで毛虫のように固まっていた。
六助は牛乳瓶の下に敷いていたメモに今日の日付と抜いた鼻毛の本数を書き込んだ。
このマンションに越して来て1ヶ月。1ヶ月で36本の鼻毛が抜けた。というより抜いた。
六助はペンを置き、そして牛乳瓶の蓋をポカッと締めると、まるで水槽の熱帯魚を眺めるかのように目を輝かせながら牛乳瓶の底を眺め、(目標1000本!・・・)と嬉しそうに笑ったのだった。

マンションのドアを開けると、いきなり2匹の野良猫が六助の部屋の前を走り去って行った。
深夜のマンションの通路は、どこからか響いて来るボイラーの音だけがブゥゥゥゥ・・・と谺し、それ以外は何の音もなく静まり返っていた。
2階に住んでいた六助は、エレベーターホールとは反対側の非常階段へと健康サンダルの音を響かせた。1階に降りるのならわざわざエレベーターを使うよりも非常階段の方が早いのだ迪士尼美語 有沒有效
錆びた鉄板の非常階段に健康サンダルの底をペタペタと響かせる六助は、階段を下りながら、鼻毛というのはいつの間に伸びているのだろうか?とふと考え、そして、いつか鼻毛が伸びる瞬間というものを見てみたいものだ、と思った。

マンションの一階に降り立った六助は、そのまま何喰わぬ顔をしてマンションから道路へと出た。車が一台通れるくらいの狭い道路はひっそりと静まり返り、時折走り去る野良猫だけが不気味に蠢いていた。
そんな深夜の道路をペタペタと歩き出した六助は、マンションの裏手へと足を進める。

「売り地」と看板が立てかけてある空き地には背丈ほどの雑草が生い茂っていた。
その空き地越しに、自分が住んでいるマンションを眺める。
4階建てのその古ぼけたマンションは、全ての居室の電気が消え、まるで廃墟のようにひっそりと静まり返っていた。
六助は背伸びをしながら、生い茂る雑草に目隠しされている1階の103号室のベランダをもう一度確認した。103号室と言えば、六助が住んでいるのは203号室だから、六助の部屋の真下の部屋だ。
六助は103号室の電気が完全に消えているのを雑草の隙間から確認すると、よしよし・・・と小さく頷き、再び健康サン迪士尼美語 有沒有效 ダルの底をペタペタと鳴らしながらマンションへと戻って行ったのであった。

マンションの1階通路を歩く六助は息を殺していた。健康サンダルのペタペタと言う足音を意図的に消しながら1階通路を進む六助は、103号室の前で静かに足を止めた。
そして辺りをキョロキョロと見回す。それはまるでドリフのコントに出てくる“泥棒”の仕草そのものだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« が議員らに自衛隊な | トップ | 必要があるのか »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。