minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

風邪と時差ぼけの日々

2016年10月28日 | 家族の日常
シアトル後半は怒涛のように過ぎ去った。まだ楽しかった2週間の余韻が時差ぼけとともに残っている。

<ザトウクジラのしっぽ>

シアトルからさらに2時間ほど上にドライブ(朝6時出発)。フライデーハーバーにフェリー船で向かうとそこからホエールウォッチングするボートに。





雨模様で寒かったけれど、親子のザトウクジラを2組も見れた!



さらに他の動物たち(イーグル、アザラシ、セイウチ、ヤギ、鹿etc...)も見れて大満足の3時間コースでした。


<ジミヘンに会いに。>

翌日はジミヘンのお墓まいりとシアトル/スペースニードルのすぐ隣にあるEMP ミュージアムへ。





たくさんのキスマークのついたお墓。こんなに愛されているんだな〜。ジミヘン!!


EMPミュージアム裏口

25ドルのチケットを払って入場すれば一日中遊んでいられる。シアトル出身のジミヘンとニルバーナの個別の部屋があるだけでなく、スターウォーズに出てきそうな奇抜なファッションのコーナー。さらに最上階には音楽ブースが。好きなように演奏したり録音したりする体験コーナーが充実していた。

ジミヘンのコーナーは思ったより少なかったけれど、意外と筆まめだったんだ〜という日記帳やら子供に向ける優しい眼差し、など知らなかったジミヘンの素顔まで垣間見れたのでした。






<Black Diamondo Deliとレントンのルーサーズテーブル ライブ>

観光ばかりしていたわけではありませんw。本来の目的である演奏も残り2本。

ところが、この日から私としたことが高熱を出してしまい、なんとかルルで演奏できたものの、ヘロヘロ状態。シアトルの乾燥した空気に一気にやられてしまったようで、とても悔しかった。もう少し元気に演奏できればなあ・・・・。

それでもお客様たちは喜んでくださり、最後のルーサーズテーブルでは韓国籍の方も多かったので「カナビスの輪」を演奏したところ「うわ〜、踊りたくなったわ。」などと反応のよさにびっくりしました。





もちろん、どこでも「Take care of all my children」の反応は良くて、号泣する方などもいらっしゃいました。




世界のどこへ行っても音楽は伝わるんだな。と新たな自信となった今回の旅でした。

お世話になったMcPharsonご一家に心より感謝いたします。美しいシアトルを再び訪れる日を夢見て・・・・。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Twin Peaks ロケ地巡り | トップ | Yahagi Jazz Night vol.11 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL