minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

東北ツアーファイナル/秋田カフェ・ブルージュ

2017年06月22日 | 
6月20日(火)晴れときどき曇り

いよいよ、7日間に渡る東北ツアーも最終日。連日の熱演で疲れもピークになっているところですが、今回は志宏くんが利樹と交代でたくさん運転してくれたので昼間の移動はすごく楽でした。ありがと〜〜〜(嬉涙)。



カフェ・ブルージュもご機嫌なママのいる素敵なカントリーハウスのような建物。近所からの苦情があったらしく、今回は店の中央にグランドをでんと置いて、お客様が前後に座るという面白い状態に。

秋田で闘病中のたかやん(高田正則)drもここで会うのは3回目ですがどんどん元気そうになって嬉しい限り。今回もアンコールでO xote das Mininhasの曲でトライアングルを演奏してもらいました。





彼のライブレポートを掲載させてもらいます。自分の言いたかったことがここに集約されております。ありがとう、たかやん、また来年一緒に演奏してくださいね。

そしてブルージュに来てくださったみなさまに心から感謝いたします。東北ツアー、これにて終了。(写真もたかやんからいただきました)

本当に本当に東北の人たちはあったかい。そしてお酒が大好きw。志宏くん、そしてトシキ、おつかれさま〜〜〜。








たかやんの日記より。

6/20、知り合いのミュージシャン達のバンド、Mingaのライヴを秋田市内の音楽レストラン「カフェ ブルージュ」に聴きに行く。サックス早坂紗知、コントラバス永田利樹、ピアノ伊藤志宏というメンバー。ベースの利樹とサックスのさっちゃんとは、東京時代に一緒に演った事がある。ピアノの伊藤さんは初対面。
演奏は...、もうヤラレました。利樹とさっちゃんがスゴイのは元々分かっていたけれど、ピアノの伊藤さんが圧巻だった。3人とも打楽器がない状態でもリズムが自由自在という感じ!曲もヴィラ ロボスから9拍子のオリジナルまでバラエティ豊か。間に挟んだIn a sentimental moodも絶品で余裕のパフォーマンス。一週間続いた東北ツアーも最終日という事で、演奏がこなれているのがよく分かる。アンコールのパイオンの曲でトライアングルで飛び入りさせてもらった。リズムの核になってずっとグルーヴを出さなければいけないので、一瞬やめとこうとも思ったけれど、さっちゃんがアナウンスしちゃったので演る事に。シンプルなリズムだけれどもこちらはブランクがあるし、百戦錬磨の相手に対して大丈夫かとも思ったけど、終わってから利樹がねぎらってくれたので、まぁよかったかな。平日にもかかわらず来てくれたお客さん達は、強力なプレイに最初は圧倒されていたけれども、そのうちに音に入り込んで拍手も大きくなるといういい感じ。楽器をやってる人がかなりいたので、相当刺激になったんじゃないかな。オレもヤル気出て来ちゃったなぁ!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツアー6日目/鶴岡 Bar Chic | トップ | TReS for Kids の2日間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL