minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

キューバ音楽旅行記18 さよなら、サンティアゴ・デ・クーバ!

2017年01月03日 | 
サンティアゴといよいよお別れの日。2時に宿に午前中に見つけた大型タクシーが迎えにくることになっている。

午前中、2時間ほどかかって荷造りをし、再びAltecでエミリオたちに会いに行き、お別れのご挨拶。



そして、最後のランチだけは、と宿のおばさんに作ってもらうことに。これが涙がでるほど美味しかった。




チキンのトマトソース煮込み

ああ、なんで最初からここで食べなかったんだろう。ろくなレストランがなく、たくさん酷い味を体験してきた私たち(苦笑)。おばさんにそういうと、ニコニコ。本当に素晴らしい宿でした。ありがとうございます。



キューバに行く人は、民泊の食事を一度試してみることをお勧めします。

そのまま飛行場へ。行きのこともあったので、今回はアルトサックスもソプラノもぐるぐる巻きw。






荷物は重量オーバーを無視して載せてくれるし、最高のプロペラ機でした。




夕方の便でハバナには8時頃に到着。約束の宿へ行ってみると(3階)、今回は2階の部屋に泊まれ、と言われる。ベッドは一つしかないけれど、明日になったら簡易ベッドを入れにくるから我慢せよ、とのこと。なんだか汚いし狭いし、いろいろと文句言いたかったが言われる通りにするしかない。

とりあえず、お腹すいたから、いつものレストラン(Biky)へ行こう、とアパートを出た途端に、つるっと滑ってすってんころりん。左手をついてしまった。

なんで晴れているのに、地面が濡れているんだ?!おそらく、アパートの室外機の水が落ちてたまったものだろう。真っ暗な公園の片隅だったのでよく見えなかったから油断していた。私としたことが・・・痛みをこらえながらBikyへ行く。なんか、最悪な状態になってきたぞ(涙)・・・・(つづく)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キューバ音楽旅行記17 さよ... | トップ | キューバ音楽旅行記19 キュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL