minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

キューバ音楽旅行記20 SINTESIS40周年記念ライブ

2017年01月04日 | 
ソーライクエルボのブッキングマネジャーWoldoさんに、出演を断りに行くつもりだったが痛みがだいぶ弱くなってきて「せっかくキューバジャズフェスに出演できるチャンスをゲットしたのに………」という気持ちも強くなり、RIOが「母ちゃんが演奏できないぶん、俺と父ちゃんでカバーするからやろうよ!」

出演時間の確認をするためにWoldoさんに会いに行き、Woldoさんは「ええ?そんな手で大丈夫か?」とずいぶん心配してくれましたが、「大丈夫。サックスは吹けるんです!」と無理に指を動かして見せた(苦笑)。

私たちの演奏はたったの30分間だけなのでなんとかなるだろう。本当はとっても不安だったけれど、翌日は痛みもまた減って少しだけ練習ができた。ただ、左手の小指を使うと激痛が走る。むかし、洋輔さんの著書で「今日はA(ラ)の音を使わずに演奏する」なんて荒技をやっていたのを思い出す。サックス奏者にしかわからないだろうが、最低音のBとBbが使えないのだ。私たちの演奏はフリージャズとは違うから演奏できる曲が限られてしまうが、みんなに我慢してもらうことになった。コンサートは3日後だ。

明日からキューバのジャズフェスが4日間行われる。町中の会場がジャズのコンサートで溢れる。今年で32回目になるが、今年はアメリカ国交回復第一弾としても注目を集めていた。12月1日からパンアメリカンやユナイテッッド航空が直行便を運行しだしたのもあって、町中が11月に比べて観光客(特にアメリカ人)が多くなり、英語も飛び交うようになっていた。

パーカッションの河野さんの情報で「今日の夜、SINTESISというこちらの人気バンドの40周年記念野外ライブがセントロの教会で無料で行われます。おすすめですからぜひ行ってみては?そのあとに私たちのところに来れますか?明日からのジャズフェスがフリーパスで入れるように手配しておきましたので。」

なんと素晴らしい!!!ありがたい提案にさっそくSINTESISのライブ会場へ1時間前に到着。予想どうりの人、人、人。ものすごい人気バンドなんだな。

40年も続くってすごいことだ。ヨルバ系のリズムを使った歌(コーラス)のグループでジャンルで言えばロックになるらしい。一曲目が始まった途端、鳥肌ものだった。そして、入れ替わり立ち替りゲストが入りながらどんどんとステージが進行していく。どの曲も素晴らしいのだ。わ〜、これはCDを買って帰らねば。感動していると、一曲だけサックスが登場した。あれれ?とよく見ればセサル・ロペスだった。さすが超売れっ子、セサル。でもPAがサックスの音をほとんど拾えずに、生音で演奏しているようだったのがちと残念だったが、SINTESISという素晴らしいグループのライブが聴けたことは本当にラッキーだった。



このあと、河野さんのいるコイーバホテルへ行くと、ミュージシャンパスを3枚、ちゃんと用意してくださっていた。

ああ、明日からジャズフェスが始まる。楽しみだあああああ。




Sintesisはyoutubeにたくさんあるようです。これもその中の一つ。ぜひごらんください。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キューバ音楽旅行記19 キュ... | トップ | キューバ音楽旅行記21 キュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL