minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

キューバ音楽旅行記19 キューバの医療制度

2017年01月04日 | 
ハバナに戻ってあと1週間、というところで転んで手首を痛めてしまったドジな私。前夜、痛くて眠れず、朝から移民局へVISAの申請に行き(1ヶ月以上の滞在は延長ビザが必要になる)、昼過ぎに宿のおじさんに病院の場所を教えてもらいトシキと行ってみることにした。

幸い、ハバナ大学のすぐ裏手に大きな病院があった。ただ、大きすぎて入り口や受付がどこにあるのかわからない。RIOがいないので、言葉がうまく伝わらず、約1時間ほど病院の敷地内をたらい回しに・・・汗。「仕方ないわね・・・」と言いながら女医さんが紙になにやら書いてくれた。それを持っていろんな人を訪ねて行くと・・・ようやく見つけ出した入り口(特に受付などない)でインターン(?)の青年がこのメモをみるとすぐに「着いておいで」と言って医師のいる部屋をノック。少しだけ待ってから入るように指示される。

医師が診察してくれたあと、また同じ青年が「こっちだよ。」とレントゲン室の前まで案内してくれる。診察中もずっとそばにいて、何から何まで面倒見てくれるなんて親切なシステムだな〜。順番待ちの人達もいるのにこんなにスムーズに診てもらえるなんて。旅行者だから特別扱いなのかもしれない。レントゲン室で自分の順番を待つ間も頭から血を流しているおじさん、生きているのがやっと、というおばあさん、などが次々にレントゲン室に入っては目の前を通り過ぎていく。ああ、私の手なんか軽いほうだ、こんなんでここにいてもいいのかしらん?と申し訳ない気持ちに。

レントゲンの結果、親指付け根あたりにひびが入っていることがわかった。そのままギブスを作って包帯で固定。「あの、指先だけは使えるように巻いてください。」とお願いしてみる。先生方は苦笑していた。



そのまま、診察してくれた医師がわら半紙のきれっぱしのような紙にちゃっちゃっと何やら書き込み私に渡してくれた。「安静にしていれば15日くらいで治ると思うよ。痛み止めの薬を帰りに薬局へ寄ってもらって行きなさい。いつ帰国?来週月曜?では日曜にもう一度きてください。」

そしてサポートの青年は出口まで見送ってくれ、この先の通りに薬局があるから、と親切に教えてくれたのでした。あれ?料金を払う所がなかった。そっか、医療はこちらは無料なんだ・・・・なんてありがたいシステムなんだろう。怪我のおかげで、こんなキューバ医療の一端を垣間見ることができたのは幸運だったかもしれない。ゲバラがもともと医学生だったからこういう素晴らしいシステムができあがったのだ。

痛み止めの処方された薬は一瓶(20錠)で40円くらいだった。

「リオ、すごく親切でイケメンのお医者さんだったのよ〜。」と戻って写真を見せると「え?どれが?このヒヨコ豆の方???」



ありがたい医師になんてことを!と思ったけれどもうこの先生の顔がヒヨコ豆にしか見えなくなってしまった(汗)。


ギブスで固定したおかげで少し痛みが治まった。でもサックスは吹けるかなあ・・・・・。やはり無理っぽいので夜になったらソーライクエルボに挨拶に行くことになっていたが、やはり出演できなくなりました。と謝りに行くしかないか。(つづく)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キューバ音楽旅行記18 さよ... | トップ | キューバ音楽旅行記20 SINTE... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL