阿見周辺の四季の花

阿見周辺に咲く桜や季節ごとに変化する花々を楽しみましょう
茨城大学農学部構内周辺で咲く約80種類の桜などを紹介します

ベニバナトチノキ

2017-05-18 | 日記
つくば実験植物園で咲き始めていました。隣にある白い花のトチノキの花と比較できるようになっています。アカバナトチノキの方が少し早く咲くような気もします。説明によれば、ヨーロッパ原産の「西洋トチノキ(マロニエ)」と北米原産の「アカバナトチノキ」の交雑種であるとの事。美しい円錐花序が見事で、公園などで植樹されています。写真は4月29日に撮影しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒスイカズラ(翡翠葛) | トップ | ベニバナノツクバネウツキ(紅花の衝羽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。