今日も私の大腸は合格でございました。。

2017-11-07 15:50:40 | ガン
今日も、大腸がんの外来は、無事合格である。。

なんか、お腹、触診して終了だけって言うのも心の彼氏との逢瀬は物足りない物があるのだが。。。

物足りない回数が更新されている分には、私の体調は良いと言う事なので。。。。


頑張ろう私!!

喜ぼう私!!!

苦節3年5ヶ月。。。(35億と言いたいところだ(笑)!!!)

頑張ろう私!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事に合格。。。

2017-09-26 16:23:14 | ガン
6週間前にやったCT検査も今日やった、エコー検査も無事、合格!!!


こうやって、やっと3年3ヶ月経ちました。。。


こうやって、無事に過ごせることの幸せ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大腸がんの手術をしてから3年2ヶ月。。大きな事無く、ちょっと一息。。

2017-08-15 19:01:25 | ガン
一番、雨が強い時間に病院に出掛けた。。


我が家の隣町にある病院内にいる時に病院の所在地に大雨警報が出た。。

待合室のテレビに警報が流れていてうぇぇぇぇと思った。


無事に帰宅できたので良かったですが。。


今日の病院は、私が病院に到着した際は、とても空いていたのですが、診察と検査を終え、私が病院を後にする時には、待合室の椅子がほぼ満席状態になっていた。

特に内科の午後からの診察は30分前倒しで早く診察を始めていた。。

近隣の開業医(個人の病院)は軒並みお盆休みになっている。どうしようもなくて、小規模ではあるが総合病院は混み合うと言う感じのようである。


都内で薬局を営んでいる私の実家は「お盆休みだけど、そこそこ、お店は混んでいる。処方箋多し。」とのことである。

先生も看護師さんも薬剤師さんも働いていてくれて有り難う。。

病気の方、一緒に元気になりましょうね!!!

かくいう私は、今日は、診察のみ。。「大腸がんの手術をしてから3年2ヶ月、無事に経過し、だいぶ大きな山を乗り越えたと言えます。良かったですね。でも油断は禁物。去年の6月以来、CT検査とエコー検査はしていないので、今、帰りにCTを撮影して帰ってね。エコー検査は6週間後の診察予約の前に検査した方が良いので、予約して帰ってね。」と、言う事で、本当に良かったです。少しホッとしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腫瘍マーカーがちょっと下がった。

2017-07-04 20:31:35 | ガン
がんで入院した時、腫瘍マーカーなる物を血液検査したのであるがその時より、がんの手術や治療を終えた後の方が高くなり、基準値の倍以上になっていた。

色々な他の検査をしても目に見える形でのがんは大腸がんの手術以降、確認されていないが。。

3年目にしてやっと下がり基調になった。

だがまだ、基準値の倍近くありますが。。

ちょっと、安心。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3年前の今日、大腸がんの開腹手術をしました。

2017-06-11 12:30:11 | ガン
3年前の今日は水曜日で、午後から、大腸がんの開腹手術をしていました。


あれから丸々3年経ったのね。

過ぎてしまえば、時の経つのは早いけれど、苦闘の日々でした。

開腹手術した時にゃ。。。ちゃんと歩くことが出来るかどうかすら不安だったのだけど。。

3年後の今日、仕事が出来ているなんて、夢にも思えなかった私。

それより、命があるのかな?とも覚悟していたんだよね。と思っていました。

あれから3年か。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は、心の彼氏ではなく代診でした。。

2017-05-23 20:18:19 | ガン
今日、大腸の方の先生の外来でしたので、行って参りました。


先週の木曜日の夕方に病院から電話があり私の主治医の先生がお休みなのですが、代診がありますからいらして下さい。との事でした。


最初から解っていたけど。。

主治医の顔を見るだけで、安心するところがあるので、ちょっとワクワクが盛り下がっておりました。

6月中に大腸カメラの検査も入れようねと言う事だったので、その話も色々ね。。

検査結果は6週間後の診察まで待たなくても外来に来ても良いとか、確認したかったんだけど。。


まぁ良いか。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は有意義な時間を午後は過ごすことが出来ました。

2017-04-23 13:25:02 | ガン
昨日の午後は、がんの患者階に行って参りました。


お茶とお茶菓子で、お話しする内容は、守秘義務中の守秘義務なので、そこの場所に置いてくるのが絶対的な約束なので、それは書くことが出来ませんが。。


いつもは、がんの患者さんやそのご家族、ご遺族とのおしゃべり会だけなのですが、精神腫瘍科の先生が特別にお話をしてくださるという事で、非常に盛況でございました。

去年も、他の場所で先生の講演をお聞きすることがあり、いたく感動して、主人を見送ったその道のりは医師団看護団のお力添えと導きで本当に王道を歩ませていただいたのだなと、再確認して、1番前の列で、その先生のお話を聞きながら涙を流してお聞きしている羽目になっていました。

他からみたら、なんじゃ?この人。って感じなんですけどね。

で、自分の闘病の道のりも、100点とは行かないまでもみっともなく転びながら、往生際が悪くてあがきながら、でも、王道をやっぱり歩みたい。。生き抜きたいと昨日も再確認いたしました。

わたしゃ、みっともなくあがきながら王道を生き抜く!!が、目標です。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の3月より、2.5kg増。。。

2017-02-28 19:14:47 | ガン
去年の3月より、2.5kg増。。。


これは私の体重のお話しです。

今日は、午後から心の彼氏(主治医)に会いに(←外来に)行って参りました。


1月末に胃カメラ検査の際に採取した生検も「だいじょ~~~~~ぶ。」と太鼓判を押されて参りました。付け足しとして「人生悪いことばっかりじゃないからね~。」と微笑んでいただきました。

外来の際は、必ず体重と血圧、聞かれます。

2年半前の大腸ガンの入院手術後、、退院してからの外来では、必ず、体重と血圧を聞かれるようになりました。

太っているとガンになる可能性がやっぱり多少なりとも上がるという事と、退院後直ぐに、半年間化学療法をやっていました。
点滴する抗がん剤も飲み薬の抗がん剤も体重、体格と比例して、薬剤の量が決まるので、体重測定は必至でした。

血圧は、私は、生まれてこの方標準値。。もしくは、低いと言うところで推移していますが、健康管理上、必要であると言うことで、家で使う血圧計を購入しました。

で、自分で、体重や血圧等の表を作って、外来の際は必ず持っていきます。

あっ、横道にそれましたが。。

体重、増え始め、先生が考える私の体重の基準値を超えだしてきたので、体重増加を指摘されました。(笑)

先生、私のお腹、必ず触診するんだけど「太ったでしょ~~~。お腹からつくんだよね~~。」って体重を言わなくても触診で解っちゃうんだけど。。(笑)

しかも、電子カルテ化してある私のデーターは、ワンクリックで体重の推移が解ります。わざわざ去年の3月のデータ、ワンクリックしなくても。。思わず、爆笑してしまいました。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胃カメラ検査、無事終了!

2017-01-27 12:38:08 | ガン
胃カメラ、無事に終了致しました。

心の彼氏は、急急で呼ばれ、、

心の彼氏じゃない先生が私の胃カメラを。。(^_^;)

がっかり顔を、その先生に見られてしまいました。。

二重にヤバい状況。。。(^_^;)

でも9月に私の胃カメラをやってくれたし、2年半前の入院時、私の主治医が外来や手術で手が離せないときの回診は、その先生がやってくださったので。。まっ良っかっ。

で、胃カメラを入れた瞬間、「あっ、これ!!大丈夫だ!!」とのこと。

「一応、生検取るけどね。。」とのこと。。

で、????のまま、検査終了し、説明をきちんとしてくださった彼氏じゃない方の(←しつこい!!!)先生が、「9月に撮った胃カメラの際、生検は良性だったけど、形が怖い形をしていたので、経過観察じゃなくて、間を開けずにもう一度、胃カメラをやってもらったんだけど、今日見て、安心しました。胃炎が治りかけてます。ただの胃炎。生検取りましたけどね。」とのこと。。
あ~~~~良かった~~~。

私の心の彼氏は(←しつこい)生検を取るような自体だったら、検査結果が出るころ、診察予約とるって言っていましたけどどないしましょうか?」と彼氏じゃない方(←しつこい)の先生曰く。。
少し考えてから「大丈夫!!どう見ても、大丈夫なので、2月末の外来まで、安心して過ごしてね。」と言う事でした。

あ~~~~良かった~~~。

で、老化で、荷物をまとめていたら心の彼氏が通りかかり、背後から私の顔を覗き込んだ。。

だぁれぇだぁよぉ~~と振り向いたら心の彼氏だったので、ここでも焦った。(^_^;)

「どうだった?」と問われたので、かいつまんで話をしたら、「良かったね~~。じゃぁね~~」と手を振って終了でした。。

まぁ良いか。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はお茶会でした。。

2017-01-21 18:58:30 | ガン
今日はガン患者会。。お茶会なんですけどね。。


安心安全な場所って中々なく。。

藁をもつかむ気持ちで行った2年半前。。

あれから2年半。。。

月日は経ってもまだまだ私の必要な場所。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胃カメラの結果は大丈夫でした~~。

2016-10-25 19:29:45 | ガン
先月やった胃カメラの検査。。


直ぐにでも結果を聞きに行きたかったのだけれど。。。

病院から電話がかかってきたわけでもなく。。。


外来予約していた今日。。

結果を聞く事ができました。


結果は、良性。。悪性要素は無しとのこと。。。


大腸ガンの腫瘍マーカーの方は、依然として基準値の倍の数値ではございますが。。

CT撮ったり、エコー検査したり。。

どこにも今のところガンの気配はないと言うことで。。


とりあえず、ワンパスです。。

ただし、胃の方は、もう一度胃カメラを飲んで貰った方がいいので、年明けにまた、胃カメラ飲んでねって言う事でした。。


「あなたのことだから、直ぐに結果を聞きに来るかと思ったいた。。まぁ、悪い結果だったら、積極的に電話を差し上げたが、結果が悪くないのに病院から電話がかかるって精神的に参っちゃうと思って、あえて電話しなかった。」と先生は笑顔。。。。

なんてこった!!!まぁ、良いか。。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がん読本

2016-08-04 16:40:12 | ガン
今回のがん読本はガン治療と緩和ケアのことと、婦人科ガンの特集でした。

私が常日頃から、思っている事と合致していることがありました。


抗がん剤を肯定するか全否定するか、、医療者の側で議論されているが抗がん剤が素晴らしい治療なのか、悪魔の毒薬なのかを一般論として白黒つけることに意味はあるのか?

自分らしく生きるための選択肢としてどちらを選ぶか??そこが重要なのではないか?

自分がしたいことを良く吟味した上で、抗がん剤が自分にとってプラスなら化学療法をやるし、マイナスになるのなら、使わなければ良い。。と言うくだりがありました。


私も、誠に、そう思います。

抗がん剤を全否定。。抗がん剤治療を受けないことを全否定。。

どちらも、私は違うかな?って思うんです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールOKでした~~~。

2016-08-02 18:56:28 | ガン
今日、大腸ガンの方の診察に行って参りました。

診察の前にエコー検査してねってことで、早めに行ったのですが。。


病院の事務方の手違いで、私の検査予約が入っていなかったらしく。。

お小水を我慢したまま、検査予約の時間を30分以上遅れになってしまいました。

診察もその流れで、予約より30分以上遅れました。。

でもね。。

6月に撮ったCTも「大丈夫だったよ!!エコーもOK大丈夫!!!良かったね~~。」と先生がほほえんでくださいました。

一番危険な2年をとりあえずパスしました。

あとは、「残り3年!!!この調子で行けると良いね!!」との先生の言葉に泣きそうになりました。


あ~~~~~良かった。でもね、診察を終えて、変える間際に「久しぶりに、9月の診察の時は採血ね。腫瘍マーカー見るからね。」との言葉。。。

ぐっげ~~~。

でもね。。。

私の健康運最強伝説は続きます。~(-^-^)~うぃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街中カフェ

2016-07-16 11:29:58 | ガン
今日は午後から街中カフェに行って来ます。


がんの罹患者やご家族がつれづれにお茶を囲みながらのお茶会です。


私が参加しているのは3ヶ月に一回くらいのペースですが。。

はき出さないとつらくなる時もあったりするので。。(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がん読本

2016-07-08 09:59:09 | ガン
化学療法室の看護師さんには、治療後1年半も経過しているが、いまだに、お世話になっている。

私が、とあるドクターのホームページで見つけた「がん読本」という小冊子。

詳しくは下記のURLでご覧下さい。↓

http://blog.goo.ne.jp/e3693/e/316e2bcb7534635e73528cbdf110fd05



私が化学療法をしている最中に第1号が発刊された。

季節ごとの刊行でありますが、第1号は私が患った大腸がんに関係する内容だったことと、主人は泌尿器科系のがんを患っていたのであるが、終末期に「がん性腹膜炎による腸閉塞」を起こし、消化器外科の先生が、応急処置的な手術をしてくれたのだが、その先生が大腸がんに関しての項目を執筆していることもあり、私が化学療法で通っていた化学療法室の看護師さんに「下さい。」とお願いしたのがきっかけである。

これは、病院の廊下などに自由にお持ちくださいと言う「てい」で置いてあるのではなく、看護師さんかドクターに入手して貰い、ドクターや看護師さんから、患者さんや患者さんのご家族に直接、手渡しするという形式を取っている。

6週間に1度、外来に行くような私はずっと読みたいと思っているので、化学療法室の看護師さんが「がん読本」が入手できると私の自宅に電話を下さる。

お忙しい中、、本当にご面倒をおかけして申し訳ないが。。基本的なことは改めて解る読み物なので、興味がある方は、ドクターや看護師さんにお願いしてみるのも良いかもしれません。

ちなみに、「ただ」です。

そしてちなみに患者さん用と医療従事者用にわかれていますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加