みねきちの坊やだからさ

神奈川県藤沢在住の関西人の徒然なるままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プロテクター ニーパッドの修理

2017-06-14 08:00:00 | インラインスケート

 先日こけたときに膝プロテクタをしているのに膝が痛い。膝のプロテクタのクッションの部分を触ってみると、あれ?なんだかぺったんこ。。。
ベルトもパッドもそんなに傷んでいないので捨てるには惜しい。
ということで、修理してみました。


■プロテクタの紹介
 このプロテクタは某メーカーの手首、肘、膝のセットで販売されているもの。
使い始めて6か月ぐらいで、週末滑りに行くといは必ずつけていました。
週1だとしたら30回ぐらいで、1回4時間ぐらい装着していたので、ざっくりと120hぐらいの装着かな。
ん~、あまりにもへたるのが早すぎる~

 ■クッションをどうしようかと
 衝撃吸収素材をネットで調べたのですが、どんな材質がいいのか、サイズ、値段など、どれを採用すべきかわかりませんでした。
いろいろ悩んだ挙句、屋根裏にしまっていたヨガのマットのことを思い出しました。
10年ぐらい前に4枚1くくりで近所のショッピングセンターで売っていたもので、リビングで赤ちゃんがゴロゴロしても痛くないだろうと購入したものです。
丸々10年ぐらい利用してたのですが、全然へたらなかったのでキープしてありました。

■いざ、クッションの交換
この辺に切り目を入れてクッションの交換をしようかと。

はさみで6cmぐらい切りました。あまり切りすぎると破れる原因になるので。

 

中からはこんなパッドが。。。
パッドの形状に合わせ、立体になっていますが、クッションを接着剤でとめただけのものでした。

 

ぺったんこでした。
ヨガマットの方が分厚いです。

もう片方を取り出してみると、なんか外れています。。。
馬の蹄のような形でした。

重ねて型をとります。
左右それぞれのパッドを当てて型を取ったほうが、失敗しなくてよいです。

肉厚です。
有名な瞬間接着材をマットにつけます。

ピタっを開いている部分を手でぐぅ~っと30秒。。。
あら不思議、速攻着いちゃいました。。。笑

切り取ったクッションを再びプロテクタに設置します。
切り取った穴は、、、糸で紡ぐか、テープでカバーする考えてみます。

昨日までで3回 (4h X 3日)使っていますが、ぜんぜんへこたれていませんでした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行ってきました!春のつくば... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インラインスケート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL