潜在意識のタイプ分析『マインドタイプ心理学』

潜在意識のタイプから、自分だけのライフワークを見出す心理学で、
心から幸せな“成幸者”になりませんか?

ライフワークには『揺らぎ幅』が必要

2017-07-15 17:54:45 | 日記

こんにちは!


潜在意識とライフワークの専門家、
マインドタイプ心理学のもっちこと望月です。


先日、セッションで『ライフワークの概念』について
感じたことがありますので、
シェアしていきたいと思います。


本日のメールスタディは、
『ライフワークには揺らぎ幅が必要』というテーマについて、
お送りしていきますね。



-------------------------------
●ライフワークの本質
-------------------------------


僕は、『ライフワーク』という言葉を多用しています。


ただ、この言葉もなかなか抽象度の高い言葉なので、
人によって解釈が異なります。


マインドタイプ心理学ではライフワークという言葉を、


『本来の自分のあり方でする活動』という意味として
定義しています。


でも、なんとなく趣味的なことだったり、
その実際にしする活動にばかり目が行っていて
それを『ライフワーク』として使う人も多いです。


というか、そっちの方が一般的なのかもしれませんが。。
(^^;


先日も、あるヒーラーさんのセッションをしたのですが、


ヒーラーとしての活動に固執してしまっていて
どこかで、ライバルと競争をしている状態でした。


ライフワークの本質は、あり方にあります。


なぜ、その活動をするのか?という想いです。


この想いこそがライフワークの本質なので、
それに付随する現実的活動は、


別にヒーラーじゃなくてもいいんですね。


その方は、ヒーラーというなんとなく
スピリチュアル系の怪しげな雰囲気が好きではないのだけど、


『その人の本質的エネルギーを取り戻す
お手伝いをしたい』という想いがありました。


(実際は、もっといろいろな想いが融合しています。)


ヒーラーのイメージって僕とその方との共通としては、


なんとなくフワフワ感があって
ナチュラルテイストなスタイリングで、
ヨガとかやっていそうな・・・


そういったイメージが、本当は好みではなく、


もっと本質的で、地に足のついた形で伝えたいという想いもあって、
マインドタイプ心理学にも興味をもってくれたのですが、、


マインドタイプは和型ということもあって、
ヒーラーという活動の“違和感”を何とかしたかったというのです。


ライフワークとは、
込める想いが本質であって、


活動はそれに付随するものです。


ですから、方向性が魂から湧き上がる想いとしてしっかりしていれば、
基本“活動はなんでもいい”というのが、マインドタイプ心理学の立場です。


もちろん、その人の感性や性質と合うものでなければ、
成長していきませんが、


活動を限定的にする必要は無く、そこには『揺らぎ幅』を持たせる方が
いいと思っています。


-------------------------------
●ライフワークと揺らぎ幅
-------------------------------


その活動に固執するのではなく、
そこはグリップを軽く、別の流れが来たら乗り換えてもいいぐらいに
思っていていいと思うんですね。


ヒーラーという活動ではなく、
それが全く違うダンスという活動でもいいんです。


(ここからは、その方のセッションからはズラしてお伝えします。)


例えば、その方がダンスの経験を人よりも持っていたとすると、


ダンス×ヒーリング×想い
『その人の本質的エネルギーを取り戻すお手伝いをしたい』


となれば、オリジナルのダンスワークショップは簡単に作り上げられます。
その第一人者になれば、将来的に出版したり、取材される可能性も大いになります。


または、ヒーラーを伝えるという今の延長のなかで
たまたまダンスに出会って、ダンスを活動を軸にしたいと思った時、


なんとなくヒーラーに違和感のある状態より
一気に飛躍する可能性があります。


この時、『私のライフワークはヒーラーです』と頑なになってしまう
その可能性をつぶしてしまうことにもなります。


活動の方は、柔軟性をもたせ、揺らぎ幅をもって
捉えておく方が、未来の可能性は広がります。


しっかりと、整えておきたいのは“想い”の方です。
それが、『その人本来のあり方』ですから。


これからは、AIなんかとも組み合わさった
見たこともない様々な産業もでてくるでしょう。


そういった未来への可能性という意味でも、


『今はこれを自信を持ってお届けしている』という気持ちを持ちつつ、


でも同時に、
『未来は、同じ想いを持って、別の活動をしているかもしれない』
という揺らぎ幅は持っていて頂きたいなーと思います。


人生ってどんな出会いで、どう転んでいくか分かりませんからね~(^^)/


その辺のライフ―クという言葉への
ラフさ加減を今回お伝えできればと思いました。


あまり固執せず、ゆとりのある感じがいいっすね。(^^)


それでは、本日もお読みいただきまして、


ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■【無料】マインドタイプ診断!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!


心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。


http://mind-type.com/wp/present-top/


自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『負けない』という強さ! | トップ | 感情エネルギーと脳内物質の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL