潜在意識のタイプ分析『マインドタイプ心理学』

潜在意識のタイプから、自分だけのライフワークを見出す心理学で、
心から幸せな“成幸者”になりませんか?

過去に囚われない生き方が、ブレイクスルーを呼ぶ!

2017-04-25 16:29:08 | 日記

こんにちは~!


潜在意識とライフワークの専門家、
マインドタイプ心理学のもっちこと望月です。


『影響力のある人と、普通の人の違い』について
先日、あるメンターの話を聞きました。


この壁を超えると、爆発的に影響力が増すのですが、


それが『過去の影響』だそうです。


本日は、影響力を増し、
ブレイクスルーをするための秘訣をシェアしていきたいと思います。



-------------------------------
●普通の人と影響力のある人の違い
-------------------------------


普通の人と、影響力のある人には
大きな壁があるとメンターは言います。


その壁が『過去の影響』なんです。


影響力のある人は、過去の影響を全く受けずに
行動できます。


過去の影響とは、


すでにある常識、仕組み、習慣、レールなどです。


例えば、
『良い大学を出て、良い会社に就職するのが良い人生なんだ』
みたいなことに、
ちゃんと乗っかっている人は、普通の人です。


影響力のある人は、世間の常識やレールなんか気にせず、


『いや、学校では人生決まらないし、就職なんてもってのほか!』
なんてさらりと言えてしまいます。


 


もし、ライフワークで和菓子屋さんをしていたとしましょう。


普通の人レベルでは、伝統を守るという名目で、
今までのやり方や考え方をそのままトレースして作ります。


それを食べる人は、『うん、いつもの和菓子だね』という感想になります。


でも、影響力のある人は、
和菓子なのに、『洋菓子にしちゃう?』的な自由な発想で創り出せます。


すると、食べる人は『うわ~今まで食べたことない!!』となり、
誰かに話したくなるため、影響が広がっていくとのことです。


過去の影響に囚われている人が生み出すものは、
お客さんも過去の体験の中にあるもの止まりですが、


過去を全く無視できる人の生み出すものは、
過去にない体験を与えることが出来ます。


-------------------------------
●人として終わっちゃわないように
-------------------------------


ただし、これは一歩間違えるとかなりヤバい性格になります。


それは、『過去の正しさなんてどうでもいい』とも考えてしまうからです。


例えば、スティーブ・ジョブズは代表的です。


まさに影響力があり、新しい感動体験を生み出し続けた人生でしたが、
人としては最悪だという評価もあります。


アップルの創業には、もう一人のスティーブが関わっています。
それがスティーブ・ウォズニアックという超天才のエンジニアです。


ジョブズのプレゼン能力と、ウォズの技術があってアップルは
躍進していくことになるのですが、


最初ゲームの依頼を受けた時、ジョブズは
『報酬が700ドルだから、折半して350ドルずつ分けよう』と
ウォズに話しました。


しかし、実際の報酬は5,000ドルで、
350ドルだけ渡して、残り4,650ドルは自部の取り分。


実際にゲームを作った友人ウォズに
平気でウソを言っていたというエピソードはとても有名です。


あるいは、経営の神様といわれる松下幸之助も、


『うちにはソニーさんという研究所がありまして~』
なんて平気で言えるくらいのぶっ飛びようがありました。


マネをしても、その上をいく製品を作ればお客さんは喜ぶ
という考え方を持っていたんですね。


ジョブズも、『ウォズは350ドルで満足していたんだから
それでいい』という、自分なりのロジックがあるわけです。


今、普通の人が影響を受けている
過去の仕組みや、習慣やレール、常識を作ったのは、


過去の影響を受けなかった人たち=影響力のある人
昔に作ったんだということです。


そういう人達は、人としての正しさも
周りのことなど無視できるほどのことが出来てしまうんですね。


-------------------------------
●囚われない自分を持つ
-------------------------------


それは自分自身の過去の影響とも言えます。


過去の出来事に引っ張られ過ぎるのは、
創造力を奪います。


これは、マインドタイプでいうと、
勇型寄りの人ほど、過去の影響を受けにくく


和型寄りの人ほど、過去の影響に引っ張られやすい傾向にあります。


ただ自分のタイプよりも、
どちらかというと育った環境
特に親からの圧力の程度のほうが影響を及ぼすように思えますね。


特に小学生の時に、
子供を信じ、放任主義的に育てられたのか、


僕もそうでしたが、
ガチガチの教育ママ的な圧力で、
意思を抑え込まれて育ったのかで、


過去の影響への引っ張られ度合いが変わると思います。


過去に囚われない人を見ながら、


『あ~それもありなんだな~』と思いながら、


人からバッシングを受けない程度に、
自己コントロールできるようにしていけたらいいですね。


創造力が上がり、影響力が上がるところだけ
自分の中に取り入れていけたらと思います。


そして、自分らしいライフワークを
創っていきましょう(^^)/


それでは、本日もお読みいただきまして、


ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■【無料】マインドタイプ診断!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!


心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。


http://mind-type.com/wp/present-top/


自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潜在意識を把握して変化を起... | トップ | 感情を見る大切さ! »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL