潜在意識のタイプ分析『マインドタイプ心理学』

潜在意識のタイプから、自分だけのライフワークを見出す心理学で、
心から幸せな“成幸者”になりませんか?

『負けない』という強さ!

2017-07-14 17:48:06 | 日記

こんにちは~!


潜在意識とライフワークの専門家、
マインドタイプ心理学のもっちこと望月です。


数日前に、エボクラス受講中のKさんから、
高熱で大変だというメッセージを頂きましたが、


先日僕も38度越えの熱で、
一日ダウンして寝てました。(^^;


季節の変わり目で体に負担が掛かっているかもしれませんので、
あなたも、お身体ご自愛くださいませ~。


僕は、熱が出ると、超~弱気になります。。(^^;
心まで弱っちゃうんですよね~。


でも、普段は自信をもってます!


今朝は、その心の変化をすごく感じていました。


そんなことを感じながら、


本日のメールスタディは、
『負けないという強さ』というテーマについて、
お送りしていきたいと思います。



-------------------------------
●自分の場作り
-------------------------------


何かをやろうとするとき、
やっぱり自信がなかったり、
怖くなっちゃうことってありますよね。


僕も昔はそんな想いがよく溢れていました。


それって、勝手に妄想の中の誰かと
“競争しちゃってる”んですよね。


例えば、何かを企画して、
お客さんが来なかったらどうしよう?


なんて思いが昔はよく出ていました。


でも今は、『別に来なければ来ないでいいや~』的な、
結構ラフな感じです。


「タイミングが悪かったんだな~」とか
「伝え方が悪かったんだな~」という反省はしますが、


そこに恐れのような感情が出ることは
無くなりました。


その一番の理由は、


『自分の場を作った』からです。


人とは違う想いを明確にし、
自分の想いを形にしている場を作っているので、


特に誰かと競争するような意識がなくなりました。


これは、心理的にとても負担が軽くなりますし、


この場なら『自分は負けない』という自信が芽生えます。


人と勝負すると、必ず勝ち負けが出ますし、


勇型に特化した人のように、


他人の土俵に入っていって、勝ち取っていくことに
喜びを見いだせる人ならともかく、


自分のやりたいことでも、


“どこかの誰かと競争している感じ”を受けるようなら
心をすり減らす要因になります。


そんな重い感じに陥るということは、


自分の想いがハッキリしていないということ。


ライフワークの本来の意味である『自分本来のあり方』
見えていないからです。


どこかに勝ちに行くようなことをするのではなく、


『負けない自分』を作ることをした方が
よほど健全です。


ビジネスで言えば、“ライバル調査をして・・”なんてこと自体が
どこかと競争していることなので。


そういう男性性に偏った競争をしたいのであれば別ですが、


これからの時代は、
無理せず、自分の場を作って、


そこに自分の自信を見出していくことの方が
とても重要だと思います。


自分の想いが整理されるからこそ、


より探求心も芽生えて、自分の場の知識が深まっていきます


まさに、『自分にしか出来ないコミュニティ』が生まれるんですね。


この場においては、間違いなく
それを作った人が一番です。


誰かが体裁だけ真似ることが出来たとしても、


そこに込める想いは、その人にしか出せないものなので、


必ずワン&オンリーの世界になります。


それが、この場においては『負けない』という強さとなり、


自分のセルフイメージを高め、


更なる進化を促していきます。


そんな負けない自分を創っていきましょう!


そのために役立つワークショップ


『フルマインド引き寄せマップ作り』の
詳細ページを作りました~


http://mind-type.com/wp/fmhm-ws01/


併せてご覧ください(^^)/


それでは、本日もお読みいただきまして、


ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■【無料】マインドタイプ診断!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!


心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。


http://mind-type.com/wp/present-top/


自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたがしの棒はキレイに捨て... | トップ | ライフワークには『揺らぎ幅... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL