テリーの半分おばさん日記

奇才テリーが挑戦する、普通の男子の女形変装写真。和服文化や茶道、華道、小唄などもゆくゆくは紹介します。

素晴らしい踊り@藤沢盆踊りフェスティバル

2017-07-23 12:05:09 | 日記
昨日は、藤沢市の盆踊り大会「遊行盆踊り」に行ってきました。
本当は、変装浴衣で行きたかったのですが、一抹のの不安があり、男前で行きました。
正解でした。東京の新宿や浅草で変装外出すのとは、町の規模が違いすぎて、
藤沢は裕福な町で、あまり変なこと出来ない環境ですし、祭りも、ローカルなお祭りで規模が小さく、
変装していったら、ものすごく目立ったと思います。

昨日は、日本の著名な盆踊り4組のゲストが来ました。
1)秋田県西馬音内踊り
2)高円寺阿波踊り
3)秋田花笠踊り
4)郡上八幡踊り

私はそれらの踊りについて、多少の知識があって、「日本人はリズム音痴だ」というような見解を覆す、
とんでもない躍動的な踊りや優雅な踊りであることを知っていたのですが、実際に、
昨日鑑賞することが出来て、軽いカルチャーショックを受けました。

特に素晴らしいのは、秋田の西馬音内踊りと阿波踊りです。

特に、西馬音内踊りは、現物をはじめて見ましたが、14歳未満の少女は素顔で、未婚の女性は、
なにかテロリストのような黒い装束で顔を隠し、結婚している女性は編み笠で顔を隠し、結果として、
非常に匿名的でミステリアスな雰囲気で流し踊りをします。
なぜ、このような踊りのデザインが完成されたのか、諸説があり、確かには分かりません。

踊りは、優雅で感情がこもっていて、みていると見とれてしまいます。
秋田県の人口2万人ぐらいの町で発展し継承されているもので、富山県越中の風の盆と肩を並べるほど、
優雅でしなやかな踊りだと思います。

(真駒内踊り)



(阿波踊り
阿波踊りは、女性の踊りの重心が高く、美しい身のこなしで躍動感にあふれています。)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (注意)ひどい顔面写真 | トップ | この土日の予定(7月28日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL