テリーの半分おばさん日記

奇才テリーがつづる、日々の日記、時計、和服、ポピュラー音楽、ギター演奏など、気まぐれに。

下田の旅館の女将

2017-06-23 06:47:39 | 日記
この写真を公開してしまうのも、勇気が必要です。
どこに出してもおかしく思われない、おかま顔なんで。
と書いたら、綺麗なおかまに怒られてしまう。
それ以前に、どう見てもこれは、おやじ顔、非常に恥ずかしい。
また、何人かの人が、おぞましいと思うでしょう。でも、顔出ししてしまいます。

何年か前に、単独で変装スタジオに行って、右も左も分からないままに撮影した代物です。
まだ、微笑みの秘訣を全く知らない頃なので、何か、こびた表情をしています。

目が違っています。

2年前に目の二重の手術を、視野狭窄という病名で保険適用で行った時の、前の年に撮られています。
それまで、大杉漣のような、目尻の下がった、目力の弱い顔をしてました。

女友達に見せたら、間髪を入れず、

旅館の女将
あるいは、
置屋の女将

と評しましたが、言い得て妙だと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何か、物憂げな顔

2017-06-21 16:12:43 | 日記
変装写真は、表情とポージングが大切ですが、偶然期待していない表情が出てしまうことがあります。

これは、3ヶ月ぐらい前に撮った写真ですが、何か物憂げな顔で、訴えてくるようです。

「変装なんかしないで、仕事でも勉強でもしろ」と、モデルの私が、カメラマンの私に訴えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カツラが良くない結果

2017-06-20 14:36:14 | 日記
2ヶ月ほど前に撮影した写真ですが、表情はいいのだが、全体的にちぐはぐな印象を受けます。
アマゾンで買ったかつらが、見本とは似ても似つかないものが届き、しかし、使ってみたら変な髪型になってしまいました。そしてやっと気づいたのですが、男の頭はでかいという事。他のカツラは結構だませるのですがね。

この日は、スタジオに在庫としてある、洋服、靴、アクセサリーを安く貸してくれる特別の日でしたが、あまりおしゃれな在庫がなく、こんな二十歳の子が着るような服しか選びようがありませんでした。

なお、スタジオにはメイド服も、セーラー服も、ロリータ服も、看護婦もおいてあるんですが、誰がこんなおばさんが着るものかと、無視しています。

ちぐはぐな写真を投稿してしまう私は、やけっぱちになっている。


かっこいいおばちゃんを演出しようとおもったけれど、とても使いづらいカツラの宣伝写真。こんな風にはなりません。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダンス・ダンス・ダンス

2017-06-18 19:02:50 | 日記
土曜、日曜は、足腰を鍛えるために、ダンスをすることにしています。
たまたま、昨日は、3つのダンスが重なり、ヘトヘトに疲れました。

夜中の1時から朝の5時まで、地元のソウル・バーでイベントがあり、ディスコ音楽で踊りました。
それから電車に乗って六本木まで行き、外人客の多いクラブで、最近はやりのテクノ音楽EDMに併せて、朝の7時から11時まで踊りました。

これで終わりにすればいいものを、ネットの情報で東京の上野公園で、5時間にわたる盆踊りの講習会というものに参加し、2時間ぐらいおどりました。

盆踊りを覚えようとしたのは、この夏、変奏して女性着物で踊りの輪に加わり挑戦のためですが、はっきりいって、あれは完全にばれるとおもいます。
なぜなら、体の動きが男性と女生徒では似ていないからです。
でも、盆踊りを見に行くつもりです。

(盆踊り講習会風景)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本人伝説

2017-06-17 03:45:38 | 日記
私の変装プロジェクトは、もろに、南伸坊さんの激烈な顔真似写真に影響を受けています。

この本は、決して電車の中で読んではいけない。

あまりにも無理目の顔真似に、噴き出してしまう。

一読をお勧めします。
写真左は、松田聖子、右はダライラマ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不都合な真実=素人カメラマンに撮されました

2017-06-16 22:23:06 | 日記
本日、時間がとれたので、いつもベース基地としている変装スタジオへ行ってきました。
洋服と着物を持って行きましたが、時間切れで着物は着れませんでした。

それにしても、
・いつもの撮影助手がお休み
・代わりに、写真に暗い人が撮影担当
・姿を必ず、見下ろし気味に撮るので、頭がでかくなる
・トリミングが出鱈目
・笑顔のタイミングを外す
・ピントがあまい

ということで、今回は、あまり出来が良くないですが、必ず撮影したらブログで公開する様にしているので、これで失礼します。なにやってんだか。

昨年の今頃から、どうしたら少しはましな写真が撮れるか、試行錯誤しているのですが、デジタル一眼の場合、
・背景色
・服のベースカラー
で、顔の映りが、かなり変化してしまうことに、気づきつつあります。服がオレンジとブラウンでは、オレンジの方が明るく映ります。もう少し研究したいと思います。

(椅子に座って)
口元は笑っていますが、目は笑っていません。カメラマンさえいつもの人であればと思います。


(立ち姿)
残念なことに、7頭身のからだが5頭身に感じられます。頭もでかい。これは、髪型をボブにしたのも理由の一つ。難しいですね。

(胸開き)
これは笑う必要はなかったのですが、表情がよくない。非常におばさんぽいです。これあたりが私の実力でしょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンドリアンおばさんの落ち穂拾い

2017-06-14 14:28:10 | 日記
先日、めずらしく洋装で撮影した写真の中から、少しは見られる写真を選んでみました。

服は2年ほど前に藤沢のブティックで衝動買いしたもの、サイズは確認せずに買って、服が入りませんでしたが、
お腹は引っ込まないものの、全体的にやせたので、着ることが出来るようになりました。

(カメラ目線ガチンコ写真)
標準写真として、一番最初に笑わない写真を撮るのですが、何よりもロングヘアが中年おばさんには似合わない。
やはり中年以降は、ボブかショートにすべきですね。


(薄ら笑い)
次に立ち姿で微笑んでみましたが、失敗しました。
なんか、笑顔が不自然で、かわいくない。結局、ほほを隠さなかったために、顔の輪郭が不自然になっていることと、笑いにためらいがあることが原因でしょう。笑って許してください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ服飾(スキン)を差し替えただけのギャル着物男

2017-06-10 22:16:43 | 日記
これを公開するのは、そのひどさを考えるとはばかりますが、自分の勉強のため投稿します。

ギャル着物、ブロンドのカツラで、8ヶ月前に、右も左もわからず撮影したものです。

姿勢と表情は完全に男子のままで、にらみつけるような視線が痛々しいです。

1)顔に微笑みがない
2)肩が怒っている
3)ボクサーじゃあるまいし、棒立ち
4)からだは硬直したまま、顔だけひねっている
5)ポーズ全体にしなやかさがない
6)足下に動きがない

これでは、変装写真にはなりません。
昨今、アマチュア女装家、水谷りょうこちゃんのテクニックを解析して知見を得るとともに、着物着付けのお師匠様、しまねーさんのご教示の元、やっとその違いが分かるようになってきました。

(ヤンキーなギャル着物男)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンクの着物、金の帯、ブロンドの髪で失敗しました

2017-06-10 16:17:20 | 日記
まだ、外出して身につけたことはないのですが、安く手に入れたブロンドのカツラを着用して、表題の通り、ピンク、金、ブロンドで女王様を演じてみようと試みましたが、女装に理解の深い女友達が、どこからみてみ

新宿2丁目のゲイバーのママ

という評に負けました。

その写真とは、
(カメラ見上げポーズ)


暗い部屋で現物を見ていただくと、結構かわいい、素人の女性に見えるのですが、ややりブロンドのカツラをつけて、外出するのは控えることとします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンクの小紋をあしらってみました

2017-06-10 15:41:06 | 日記
先日、電車の中でピンクの無地の小紋を召している女性とすれ違いました。かわいい女性でした。
ちょうど、2ヶ月ほど前に私もピンクの小紋を手に入れていたので、ギャル着物と一緒にスタジオに持ち込み、着付けてみました。
よく見えないでしょうが、帯はヤフオクで手に入れた、金の糸を織り込んだ、なかなか豪華なものです。とても安く手に入れましたが。

(ピンクの小紋座りポーズ)だいぶ表情が柔らかくなり、カメラ慣れしてきました。

(小紋見上げポーズ)
やや笑顔が人工的ですが、これが今の限界ですね。

(立ち姿)
やはり、ギャル着物より、無地のピンクの着物法が、しっとりとしてしっくりきますね。笑顔も自然体に近いです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加