失なわれゆく風景

多摩地区周辺の失われた風景。定点撮影。愚問愚答。

箱根

2017年05月04日 | 幕末写真

<箱根くらかけゴルフ場 クラブハウスから 芦ノ湖 駒ヶ岳>

久しぶりに「ベアトの写真の撮影場所を訪ねる」、今回は箱根です。
ベアトの写真は『F.ベアト幕末日本写真集』(横浜開港資料館 編集)からとりました。
(スキャンの過程で原図といくらか違いか生じていることをお断りしておきます)
当方の撮影日は2017/05/03です。
完全に同じポイントでの撮影は無理でしたが、およそのところは押さえたと思います。

 
<ベアト撮影 芦ノ湖>
 
<箱根くらかけゴルフ場から  左右の写真は違う撮影地点で撮ったものを並べています>
右の写真の背後の山並の重なり具合からすると、
ベアトの撮影場所はゴルフ場のクラブハウス(当方の右の写真の撮影場所)より
もう少し東よりのようです。立入の制約などもありこれ以上の探索はできませんでした。
あとはパソコン上で眺望ソフトを使って探索するのがよさそうです。
右の写真で芦ノ湖に出島のように出ているところは、恩賜箱根公園です。


<ベアト撮影 箱根宿>

<国道1号、遊覧船乗り場のあたりから南西方向>
街道の屋並みの屋根の高さなどからみると
ベアトの撮影ポイントは前方より少し高いです(ゆるい坂の途中)。
街道(現国道1号)は箱根峠からずっと下ってきてから関所跡の方に向かって少し登りになります。
(関所跡はこの写真の後方になります)


<ベアト撮影 湯本の三枚橋>

<現在の三枚橋>
箱根湯本の駅のあたりから早川を少し下ったところにかかる三枚橋。
旧東海道と強羅方面への道の分岐点になっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満開を過ぎて | トップ | 林芙美子記念館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

幕末写真」カテゴリの最新記事