クラシック金沢 Classicalmusic&Concert Kanazawa

ヤギヤ店主の日常を綴ります。クラシックライブ、バイク、日本酒、金沢の工芸など趣味と仕事の毎日(笑)

「悠久からの伝統と革新」 ~雅楽と洋楽の融合~

2017年03月15日 18時18分53秒 | コンサート

3月14日。

今日は久しぶりに石川県立音楽堂までコンサートを聴きに行ってきました。

今回の公演は「悠久からの伝統と革新」というタイトルで、声明(聲明)、雅楽、バレエ、管弦楽という和と洋が混ざった

聲明交響Ⅱ 作品105b(石井眞木作曲)

服部百音さんのソロバイオリンで、

ベートーヴェンのロマンス第2番

反田恭平さんのピアノで、

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」

などが演奏されました。

 

音楽堂の大ホールを暗くして流れる聲明はとても幻想的でよかったです。

このホールではクラシック音楽しか聴いたことがありませんでしたが、こういうのもいいですね~

広いホールに響き渡る声は意外にも大きく、まるでオペラのよう。

声が重なり合ってとても気持ちのいい響きが眠気を誘います(笑)

 

ヴァイオリンの音色も素敵だったし、ピアノの演奏もよかったです。

ひとつだけ残念だったのは(座席の場所が悪かったのか)ピアノの音が悪かった~

たぶん変な風に反響して音が濁ってしまったのでは?

頻繁に嫌な音が耳につきました。

ピアノの位置を変えるか、反響板を調整すればなんとかなるかな?

5月の連休には音楽祭も開催されるし、それまでになんとかなってるかな~

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もず | トップ | 石川県立九谷焼技術研修所 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コンサート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。