クラシック金沢 Classicalmusic&Concert Kanazawa

ヤギヤ店主の日常を綴ります。クラシックライブ、バイク、日本酒、金沢の工芸など趣味と仕事の毎日(笑)

PA機材の導入 声の音質を調整してみた

2016年11月08日 10時36分01秒 | ヤギヤ

スピーカーからなんとか音が出るようになったものの、声の質があまり良くない(好みではない)。

どうも低音が出過ぎているような、モゴモゴ言ってて何を話しているのか聞き取れない。

自分でマイクに向かって話して、自分で聞いているからかもしれません。

せっかくミキサーがあるので、音質の調整をやってみようってことに。

 

ここで、ミキサーの調整をiPadからノートPCに変更しました。

iPadが第2世代なので古いからかもしれませんが、なかなかミキサーに接続できないんです。

X AIRアプリを起動するとXR12を見つけて、接続しようとするのですが途中で止まってしまいます。

しばらく待っても何も起きません。。。

本番でそれでは困るのでこれからはノートPC(Windows10)を使っていきます。

PCだとすぐに接続できました(不思議)

 

PCで接続する場合も、まずはWiFiのアクセスポイントの一覧からXR12を選択して接続します。

現時点では暗号化していないので、パスワードは不要です。

 

Windows10だとこんな画面になります。

iPadアプリとは画面のイメージが少し違いますね。

ノートPCのディスプレイはタッチパネルでは無いのでマウスで操作します。

 

前回すでに入力1と出力の位置は決めていたのですが、その設定はそのままミキサー本体に残っているようです。

起動してXR12を接続すると、ミキサーの設定をロードするか、PCの設定をミキサーに送るかを選択します。

今回はミキサーの設定をPCにロードします。(前回設定したしね)

 

音が小さい気がしたので、マイク入力の感度を調整します。

入力1を選択して、Inputを開きます。(画面上にあるInputをクリック)

Analog InputのMic Gainを調整していきます。

ここでも独り言のようにマイクに話しかけながら調整します。

ときおり大きな声を出すので、ますます恥ずかしい(笑)

いろんな声を出しながらGainを決めます。 今回はMic Gainを+24に決定。

それでいいのか? わからないけど半信半疑のまま先に進みます。

 

次は音質。

画面の上にEQってのがあるので、たぶんこれがイコライザーだろう(?)ということで、これをクリックすると。

これでいいみたいです。

この画面はすでに調整が終わった状態です。

このアプリ、視覚的に操作できるようになっててすごく便利です。

グラフを見てわかるように、今回は低音を少し落として、高音をちょっと上げてます。

これで声がすっきりして聞こえるようになりました。

 

あとは微調整ですが、誰かにマイクを使って(話して)もらって客席にノートPCを持っていって、聞きながら調整しようと思います。

離れた場所から調整できるのが"X AIR"のいいところですね(^^)

 

※上の画面でひとつ間違っているところがありました。

グラフの下に「EQ」というボタンがありますが、これをクリックしないとイコライザーが有効になりません。

イコライザーが有効になるとグラフの線が緑からオレンジ色に変わりますので、色でも判断できます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PA機材の導入 スピーカーか... | トップ | 水不足? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。