クラシック金沢 Classicalmusic&Concert Kanazawa

ヤギヤ店主の日常を綴ります。クラシックライブ、バイク、日本酒、金沢の工芸など趣味と仕事の毎日(笑)

試乗レポート スカイライン 250GT

2007年02月11日 18時50分17秒 | クルマ・自転車
今回は新型のスカイラインの試乗です。
まだセダンしかないので試乗者もセダンです。クーペは6月くらいかなあ。
スカイラインに乗るのは久しぶりです。以前に乗ったことがあるのはR32の頃ですからずいぶん前ですね。
前モデルのスカイラインもデザインは好きだったんですが、今回はもっと良くなってます。
ライトの形とお尻の形がいいですね。
横から見るとずんぐりとしていますが、最近の流行なんですかね~
個人的にはあまり好きじゃないです。

車内は前列は広いですが、後列は足元が狭いです。すごく辛そう。
これでもシーマより広いと営業の方が言われてましたが、シーマってそんなに狭いのかと思っちゃいました。
セダンだけど、後席が狭い。それよりも走りを重視している気がします。
あ、後席が狭いと言っても足元だけね。シートの奥行きや天井の高さは十分あります。

装備はすごいですね。なんでもありって感じで。カーナビの液晶画面がすごく綺麗でした。画面のデザインもいいです。センスのいいデザイナーがいるんですね。
車内の雰囲気はまあまあです。便利だと思ったのはハンドルとシートの位置が記憶できることです。この価格でこんな機能が付いているのかと思うとうれしいです。

走っても車内は静かです。
走り出すときはエンジンの回転数を高めに保ってパワーを稼ぐ感じですね。トルクで走るのではなく回転数で走るって感じです。でも2.5リッターもあるので3000回転以上回すことはそんなにないです。
回転がスムーズですね~
今回はあんまり回してないですが、どこでもスムーズ。気持ちいいです。
どちらかというと高回転で走るタイプですので、燃費はそんなによくなさそう。

足回りも落ち着いています。ふわふわしている訳じゃなくて、しっかりしてるんだけど変に硬くないという、これもみなみの好みの感触です。
あんまり細かいことを気にしなくても十分に早く・気持ちよく走れるハンドリングです。素直です。
ブレーキもどかっと効くタイプではなく、しっとりと効きます。
日産のクルマ作りの方向性を感じることができます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試乗レポート VW ビートル | トップ | スピーカー台 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クルマ・自転車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。