ひらめき

心の輪をつなげる旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『南北コリアと日本のともだち展』/『東アジア虹の旅』 in 東京

2010-10-16 | Weblog

11月8日から1週間、「南北コリアと日本のともだち展」という展示会があります。
初日・最終日には、トークや音楽のイベントもあります。
以下お知らせです。みなさまお気軽にお越し下さい。<転送歓迎>

◎パンフレット(pdf)もこちらからダウンロードできます。
http://www.minamoto-life.com/walk9/tomodachiten.pdf(4P/26.7MB)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『南北コリアと日本のともだち展』~東アジア人という新しい感覚~
2010年11月8日(月)~13日(土) 入場無料 in 三鷹 Cafe Hi-famiglia

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国・日本そして在日コリアンの子どもたちの絵を、ひとつの会場に展示して、
絵でお互いを紹介しあい、わたしたちの間にある壁を乗り越える第一歩にします。
この絵画展は、2001年から始まりました。
東京だけではなく、ソウル、ピョンヤンでも展示しています。

昨年の9月に「walk9/韓国巡礼~つながるすべてのいのちのために共に歩く100日間~」
という巡礼に参加し2009年9月9日から100日間をかけて韓国を1周歩いてきました。
それは、新しい世界観と本当の歴史を知るための100日間でした。
日本人から見た韓国、北朝鮮、韓国人から見た北朝鮮と日本、その歴史の渦の中を生き抜く在日コリアン、
それぞれの立場で、物事の見え方がこれほど違うものなのかと驚きの日々でした。
国と国では相いれない問題も、国を越え、人と人というつながりの中で分かり合うことができるはずです。
南北コリアと日本の子供たちの絵を通して新しい東アジア人という感覚をぜひ味わってみてください。

「東アジア人宣言」- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 私たちは100日間という巡礼を共に過ごしながらお互いを知り合い、
 日本と韓国の間にある長くて深い過去の傷みを知りました。
 そして日本人でもなく韓国人でもなく東アジア人になりました。
 私たちは東アジア人として、二度と傷つけることも
 傷つけられることもない、争いのない世界をつくります。
 恐れやうらみを手放して尊重し合い、愛し合う関係をつくります。
 理想を現実に変えていくために、私にできることをやります。
 誤解や無理解を恐れずに忍耐をもって歩みつづけます。
 つながるすべての命のために  平和を実現する東アジア人になります。
 (韓国巡礼の最終日にゴールであるイムジン河にて読みました。)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

● walk9とは…
正木高志が発起人となって、2007年に始まった巡礼。
2007年には島根県出雲から青森県六ヶ所村まで「walk9/おむすび巡礼」を歩き、
2009年には「walk9/韓国巡礼」として韓国を100日間歩いた。
walk9の“9”は憲法9条に由来する。“国民投票で憲法9条を選ぶ”というテーマに、
たくさんの若者たちが賛同し共に歩いた。


「いま、あなたが知る」ということが、明日の東アジアの関係をゆっくりと着実に変えていくはじめの一歩になるです。
ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。(東京会場担当 櫛田寒平)

==================================

★☆イベントその1
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
南北コリアと日本のともだち展「オープニングパーティー」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

オープニングパーティーには、南北コリアと日本のともだち展実行委員会より寺西澄子さんをお呼びして、
今年で10周年を迎える「南北コリアと日本のともだち展」についてお話していただきます。
お話しの後にはライブやライブペインティングをしますので、ごゆっくりお過ごしください。

【日程】2010年11月8日(月)
【時間】18:00開場 19:00開演 (22:00終了予定)
【出演】TALK:寺西澄子
     LIVE:幸+福/櫛田寒平(ism)/大友映男(Earth wave)  and more...
    ライブペインティング: 美保&ぢょんみ&こどもたち
【会場】三鷹 Cafe Hi-famiglia…TEL: 0422-38-8311 http://www.hi-famiglia.com/
 東京都三鷹市下連雀 3-38-4 三鷹産業プラザ1F(JR中央線「三鷹」駅 南口より徒歩6分)
 Open:11:00-22:00(last order21:20) 定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

【参加費】無料(参加費とは別にカフェなので是非1オーダーお願いします。)
[お申込み・お問合わせ]k-bird@parkcity.ne.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● 寺西澄子
日本国際ボランティアセンター(JVC) コリア事業担当 http://www.ngo-jvc.net
東京生まれ。大学在学中に一年間、交換留学で韓国に滞在。2000年より日本国際
ボランティアセンター(JVC)に勤務。コリア事業担当として、北朝鮮への人道支
援、絵を通した朝鮮半島と日本に住む子どもたちとの交流活動に従事。共著に
『北朝鮮の人びとと人道支援』(明石書店)『制裁論を超えて』(新評論)など。

● 幸+福
幸sachi と つながるみんな と 旅する音楽ユニット幸+福(さちとふく)
2010年 二千自由年!!! めぐりめぐり 旅を続けます☆
http://www.myspace.com/sachifuku
http://sachifuku.blog64.fc2.com/

● 大友映男
いのちのムーブメントとして、日本縦断「生存への行進」や共同体「ミルキーウェイ」の
オーガナイズをはじめ、その後も様々な活動を展開。東京都三鷹市で「やさい村」
(無農薬野菜&自然食品店)を経営し、健全な食材を家庭や学校に提供する傍ら、
太極拳(太極拳歴約30年)や手技療法を教えている。2002年より「くにうみまつり」を主宰し、
いのち輝く21世紀型の生き方を提唱し、多くの仲間を募っている。

● 金子美保☆翠のひかり
最近、緑多い群馬県昭和村に生活の場を移しました。
子供の頃から絵を描きながら心の旅をしていました。絵を描くことで出会えた仲間。
つながって、つながって、 私は森であり、滝であることに気づきました。
すべての命に感謝し絵を描きます。
ブログ http://mtack.jugem.jp/

● ちぇ ぢょんみ
東西南北、線で繋ぐとただひとつの輪。
そんな大きな輪を皆と描いていきたいです。
只今HP作成中。http://taikonokioku.com/ (coming soon!)
*お知らせ*年明け(日時詳細未定)吉祥寺のアムリタ食堂http://cafeamrita.jp/にて
展示します。見に来て下さい~☆

==================================

★☆☆イベントその2
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
南北コリアと日本のともだち展「クロージングパーティー」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最終日は、縄文エネルギー研究所所長 中山康直氏をお呼びして「東アジアと地球市民意識」と題してお話していただきます。
私たちの暮らす東アジアがどのような歴史を辿り、今ここに存在しているのか?
いよいよ来る(もしかしたらもう来ている?)2012年は何を意味しているのか?
西洋の波が渦巻いていた東洋に今、何が起ころうとしているのか?
国家意識を超えて1人の人、1つの生命に立ち返ることで見えてくる新しい世界とは?
ゆっくりとお話ししていただきたいと思います。
    
【日程】2010年11月13日(土)
【時間】18:00開場 19:00開演 (22:00頃終了予定)
【出演】中山康直(TALK)/ i s m(LIVE)  and more...
【会場】三鷹 Cafe Hi-famiglia…TEL: 0422-38-8311 http://www.hi-famiglia.com/
 東京都三鷹市下連雀 3-38-4 三鷹産業プラザ1F(JR中央線「三鷹」駅 南口より徒歩6分)
 Open:11:00-22:00(last order21:20) 定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

【参加費】前売り…2700円 当日…3000円 (定員40名)<要予約>
(参加費とは別にカフェなので是非1オーダーお願いします。)
*ご予約は先着順で、定員になり次第締め切らせていただきます*
※前売り予約の受付は11月6日(土)までまでとなり、それ以降は当日扱いとさせていただきます。

中山氏よりメッセージを寄せていただきました!- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

~2011年、真のボーターレスに向けて~
日出づる処とは、東洋アジア地域のことであり、歴史的にも太古から同じ生命活動文化圏でした。
美しい東洋の兄弟国が過去を超えて融合する時、地球生命の原点に帰る夜明け朝となるでしょう。
!日韓満開 !
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[お申込み・お問合わせ]
◆Mail・・・k-bird@parkcity.ne.jp
◆Tel・・・ 0422-47-6639(やさい村:月~土11:00~18:00)
◆Fax・・・0422-42-0634

[振込み先]◎振込み完了をもって「予約」となります。
◆三菱東京UFJ 銀行 元住吉支店  普通預金 0009561 クシダ カンペイ  
※手数料は参加者負担となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● 中山康直 プロフィール
(縄文エネルギー研究所所長 民族精神学博士)
1964年 静岡県生まれ、幼少の頃より大和精神文化の影響を受け継いで育ち、1978年の臨死体験から惑星文化の記憶を授かる。
1996年戦後、民間では始めて「大麻取扱者免許」を取得し、環境、伝統文化、歴史民族についての麻の研究をベースに、
「縄文エネルギー研究所」を設立して、麻産業のコンサルタントやヘンプ製品の開発業務を行う。
2002年 ヘンプオイルで日本を縦断したヘンプカープロジェクト2002実行委員長兼運転士を務める。
2003年 「地球維新」という環境と平和をテーマとしたTVドキュメンタリー番組を企画し、大変な反響を得る。
2008年 地球維新元年、様々な講演会、イベント企画、番組プロデュース、企業コンサルタントを通して、誰もが楽しめる社会を提言。
2009年現在 銀河、地球、生命という壮大なテーマへの探求と学術、芸術、氣術を統合した実践活動を行っているピースクリエーター。
著書に「麻ことのはなし」「地球維新」などがある。

● i s m プロフィール
櫛田寒平(Vo.G)/山口堅太郎(G)/福島早希(Dr.Perc)/
"本当に大切なものを大切だと思う心"を音楽で伝えたい。
様々なイベント・お祭り等、各地でライブを行っている。
現在色々な音楽スタイルにも挑戦中!
http://www.myspace.com/iissmm
http://www.minamoto-life.com

==================================


★☆☆☆イベントその3
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『東アジア虹の旅~つながるすべてのいのちのために~』 in 東京会場
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<東京会場>
【日時】11月21日(日) 13:00~19:00
【会場】三鷹 沙羅舎B1 舞遊空間…TEL: 0422-41-8617 http://sarasya.com/
    東京都三鷹市下連雀3-1-24(JR「三鷹駅」南口より徒歩6分)
【参加費】 無料
 企画:東アジア堂

~知ることからはじまる新しい世界観~
環境問題の一番大きな課題は戦争です。1発のミサイルが多くの生命を奪うことになります。
戦争をするのは国と国ですが、その原因は国の中で生きる私たちにもあるはずです。
私たちがメディアと言われている情報に惑わされ、操作され、「自分で考える」という
とてもシンプルで大切なものを見失っているからではないでしょうか?
なぜ、国が違うと別々にならなければならないのでしょうか?
大地はどこまでもつながっています。海の水が全部なくなったら、同じ大地の上にいることに気がつけるでしょう。
私たちは今ここで、平和について、自分の意識について、もう一度立ち返って考える必要があると思うのです。
「自分が変われば世界は変わる」そこから新しい世界が始まるはずです。つながるすべてのいのちのために。
(東京会場担当 櫛田寒平)

■イベント内容 
<その1> 13:00頃から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『チベットチベット』上映 と キム・スンヨン(金昇龍)監督のお話し
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『チベットチベット』という映画の持つ意図を知ってもらいたい。
在日コリアンの青年が大学の卒業旅行で世界旅行(アジア)をするドキュメンタリー映画。
はじめは、旅の終わりに日本に帰化するつもりでいた。しかし旅を続ける中で、民族性や民族意識の大切さに気づき始める。
このテーマが、とても素晴らしいと感じたので、まだ見ていない在日の人や日本人に見てもらいたい。
しかもこのキム監督がお話ししてくださる日に同時に見ることがとても良いと思います。
北朝鮮、韓国、日本という三国のつながりをより広く、深く感じることが出来ると思います。

[作品内容] 『チベットチベット』公式サイトより http://www.tibettibet.jp/
在日コリアン3世の旅人、キム・スンヨン(金昇龍)はビデオカメラを片手に行く先を決めない旅に出る。
路線をアジアに向け辿り着いた地、北インドのダラムサラ。そこは地元のインド人と亡命してきたチベット人が
共生する一見静かな街だった。彼はここで、自らは望まず移住して異国で暮らす人々と出会う。
最初はインドで暮らすチベット人と在日の間に小さな共通点を見つけていた。
しかし浮かび上がってきたのは今なお続くチベット人の受難の経緯だった。
今になっても雪のヒマラヤを歩いて越えて来るチベット人亡命者の数は後を絶たない。
「彼らが命がけで守ろうとしているものは一体何なんだろう?
おじいちゃんやおばあちゃんが僕に言いつづけた民族の誇りというものなんだろうか?」
混乱と衝動に突き動かされチベット人の現状を撮影し始める。この問題を少しでも多くの人に伝えたい。
その思いはチベット亡命政府にも届き、ダライラマ14世への10日間に及ぶ同行取材をも可能にした。旅は続き、
彼らが切望して止まない本当のチベット(現中華人民共和国、チベット自治区)を訪れ、
失われゆく高度な精神文化や美しいを自然をカメラに納める。
ノンフィクションロードムービー『チベットチベット』は、このふたつのチベットの狭間で素朴に生きる人たちに焦点を合わせ、
今現在も強硬に続けられている、中国のチベット政策に疑問を投げかけるドキュメンタリーである。

● 金昇龍 プロフィール
1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。映画監督。
1990年ベルリンの壁を見るために出たヨーロッパ旅行で旅に目覚め、以後毎年のように世界を旅する。
1997年あてどの無い世界旅行の途中、北インドのダラムサラでチベット問題を知り、
持っていたビデオカメラでチベット難民の現状を撮影開始。
帰国後編集し2001年3月チベットチベットとして完成、各地で上映活動をはじめる。
同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。
08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。
09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。
09年、書籍版『チベットチベット』発売(河出書房新社)。
現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。


<その2> 15:00頃から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映像と音楽とお話し  子供たちの韓国交流記の報告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三鷹のフリースクールコスモの子どもたちが始めて韓国を訪問しました。
そして、walk9にも参加してくれていた韓国のインターネットフリースクール「ボッタリハッキョ」の子どもたちや
韓国の人達と交流をしました。その旅の報告会。
そして、walk9/韓国巡礼の映像や、10月に韓国江華島で開催される日韓共同プロジェクト第一回「生命平和祭」の報告など。

[関連サイト]
NPO法人 文化学習協同ネットワーク http://www.npobunka.net/
walk9 WEBサイト http://www.minamoto-life.com/walk9/
東アジア堂ブログ http://ameblo.jp/walk9-korea/


<その3> 17:00頃から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キム・ヨンファン(金英丸)さんの講演
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
強制連行犠牲者の遺骨発掘をされている金さん
「遺骨発掘作業の日はいつも雨が降る」と話されます
金さんと共に歴史をのぞいてみましょう

● 金英丸 プロフィール
1972年韓国忠清北道忠州(チョンジュ)市生まれ。西江大学大学院社会学科卒業。
1996年から韓国NGO「南北オリニオッケドンム」で活動。1997 年、北海道朱鞠内で強制連行犠牲者遺骨発掘
から始まった日韓共同ワークショップ(現在「東アジア共同ワークショップ」)に参加し初来日を果たす。
高知県「平和資料館・草の家」では2002年4月から5年間事務局長を務めた。


/////////////////////////////////

◎終了後、同会場の心泉茶苑にてにて懇親会もあります。
おいしい夕食とドリンク付きです。こちらもぜひご参加ください。
■懇親会…2500円(先着25名)<要予約>

[お申込み・お問合わせ]k-bird@parkcity.ne.jp

==================================

~主催者からのメッセージ~
「Walk9/韓国巡礼」の時に学習会の講師をしていただいた金英丸さんは30代の若く爽やかな方で、たくさんの経験と研究に裏付けられたしっかりした知識と、謙虚で優しく強い心を持った韓国人でした。
 日本語がペラペラの英丸さんは、戦争中に強制連行され亡くなった人たちの遺骨発掘の活動をずっとしながら、高知の平和資料館でも働いておられました。その後英丸さんは韓国に帰り、北朝鮮の食糧支援の活動をしていました。そこで彼が撮ってきた写真を見て私は驚いてしまいました。なぜならそこには決して日本のマスメディアでは見ることのできない「普通の国」が写っていたのです。英丸さんは言います。「北朝鮮は国連にも加盟していて100ヶ国ぐらいと国交を開いている普通の国です」「拉致問題を解決したかったら国交を開くのが一番近道です」
言われてみれば全くその通りで、自分が知らず知らずのうちに北朝鮮は普通の国ではないと思い込まされていたことに気づかせてくれました。そして私はそのお話を一人でもたくさんの日本の人に聞いてもらいたいと思いました。まだそれほど名前は知られていない英丸さんは、これからの東アジアの平和運動のリーダーの一人になる人だと確信します。
また「Walk9/韓国巡礼」の東京報告会の時に連れて行っていただいたJVCでは、もう10年も南北コリアの子どもたちが描いた絵の展覧会をしていました。それらの絵を見ていると、北朝鮮や韓国に生きている子どもたちが、環境の違いこそあれ夢を持って素朴に生きている普通の子どもなのだということが、理屈抜きで伝わってきました。
 今「東アジアみんなで仲良くしよう」という夢を持った東アジア人があちこちに生まれています。
 皆さん、一緒に東アジアの平和を作りましょう!(大山嘉夫)

*   *   *   *   *

昨年「Walk9/韓国巡礼」の準備をしながら日本と韓国やアジアの間には見えない壁がある、と感じました。でも韓国の人たちと共に歩き、交流していく中で、その壁がなくなっていきました。
 そして、今、東アジアが開こうとしている、と強く感じています。そしてそのために日本は大きな役割を持っている、とも感じています。
 なので、これからツアーやイベントなどを通して日本人と韓国人の心の交流をしていき、アジアを、世界を開いていきたいと思っています。 今回のイベントはそのスタートです。これは今後5年、10年と続く旅です。この旅にみなさんにも参加していただけるとうれしいです。 どうぞよろしくお願いします。(藤井芳広)

*   *   *   *   *

「Walk9/韓国巡礼」を終え、日本に帰ってきてからずっと考えていることがあります。それは「100日間韓国を歩いたこの経験をどうお伝えしようか、お世話になったみなさまへのご恩をどうお返しできるのか?」ということです。歩くことで「出会い、知り合うこと」が謝罪、和解へのはじめの一歩になることを学びました。 今回のキム先生のお話と各国子供たちの絵の展示会を通して、みなさまに東アジアという地域をより身近に感じてもらえたら幸いです。 東アジアを開いていくのはみんなが出会い、知り合っていくことだと思います。 みんなで本当の韓国・北朝鮮について知っていきましょう! 櫛田寒平私は2007年5月に5日間朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪れました。目的は「南北コリアと日本のともだち展」で展示する子どもたちからのメッセージ映像を撮影するためでした。
 「南北コリアと日本のともだち展」(http://homepage2.nifty.com/2002/friends/)は、東アジア地域の平和を願う催しです。大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国・日本そして在日コリアンの子どもたちの絵を、ひとつの会場に展示して、直接出会うことがままならない各国の子どもたちが絵を通して交流しています。この絵画展は、2001年から始まり、今年でついに10周年を迎えました。
わたしは2006年に絵画展のボランティアをやらせてもらい、それ以来毎年なんらかの形でたずさわらせてもらっています。もともと、この絵画展は韓国にある南北オリニオッケドンム(http://www.okfriend.org/)が北朝鮮への人道支援の一環としてはじめた取り組みで、それを日本でもやるようになりました。
 2009年に韓国を100日間歩いた「Walk9/韓国巡礼」では、スタート時にソウルの平和博物館の館長・金英丸さんから北朝鮮の話を聞きました。そしてゴールのイムジン河でこの分断が決して朝鮮半島だけの問題ではなく、東アジア全体の問題であること、私たち自身につながっていることだと実感しました。ゴール後、ソウルにあるオリニオッケトンムの事務所を訪問して、韓国における北朝鮮支援のお話をお聞きしました。
 こうやって縁がむすびついて、1人でも多くの人に、朝鮮半島のこと・在日の子どもたちのことに思いを寄せてもらえたら嬉しく思います。(姜咲知子)

==================================


☆このイベントはすべてボランティアでまかなわれています。
ドネーションBOXを用意していますのでお気持ちをお願い致します。


最後までお読みいただきありがとうございました。
東アジア堂:higashi-asia-do@yahoogroups.jp


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お祭りの感想。 | トップ | Earth first! Happy link **... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。