ひらめき

心の輪をつなげる旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

walk9/韓国巡礼・・・東アジア堂2

2009-02-08 | Weblog

先日もお伝えさせていただいた「walk9/韓国巡礼」に向けた
メールマガジン第二弾です。
知り合いからもこれまで知らなかった方からもいろんな反応があり、
ムーブメントが起きつつあることを実感しています。
2/22にはプレイベントも行いますのでぜひご参加ください。


999999999999999999999999999999

walk9/韓国巡礼メルマガ「東アジアかわら版」vol.2

               発行:東アジア堂
                  発行日:2009.2.8

999999999999999999999999999999

こんにちは。『東アジア堂』です。
先日のメルマガ第一弾にはたくさんの方から共感のメールを
いただき、東アジア堂メンバー一堂うれしく思うと同時に、
今回の韓国巡礼の重要性をかみしめています。
 これからもたくさんの方にwalkに関わっていただき、一緒に
東アジアに平和ムーブメントを起こしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

<目次>

○ メルマガ第一弾の反響
○ 前田憲二監督にお話を聴きに行ってきました。
○ 【募集】「walk9/韓国巡礼」で訪れるといいところ
○ 2/22「walk9/韓国巡礼」プレイベント第一弾詳細
○ 【感想】前田憲二監督『神々の履歴書』
○ 新「東アジア堂」メンバー紹介

------------------------------------------------------
○ メルマガ第一弾の反響

先日のメルマガ第一弾にはたくさんの反響をいただきました。
そのうちのいくつかをご紹介させていただきます。

・今現在韓国を歩かれている宮田ゆうじさんから
「world march for peace and nonviolence」(http://www.marchamundial.org/)
という世界行進が今年世界中で行われ、10月中旬に韓国を行進する
という連絡をいただき、「walk9/韓国巡礼」がその行進と
コラボレーションして韓国をウォークしたら素晴らしい平和ウォーク
になるのではないか、という提案をしていただきました。
ぜひコラボしていきたいと思っています。
また進展があればメルマガで報告させていただきます。

・2010年8月29日、韓国併合から100年目にあたる日に
日本と韓国で同時に和解のためのアクションをしよう、
そのためのゆるやかなネットワークをつくっていこうとされている
「100年ネット」(http://ameblo.jp/100net/)の増田都子さん、
オム・チャンジュンさん、岡田卓己さんから連絡をいただきました。
ぜひつながっていきたいと思っています。
こちらも進展があれば報告させていただきます。

・東アジア堂メンバーが8人になりました。
今後新たなメンバーの紹介もメルマガにてさせていただきます。
まだまだ募集していますので、ぜひぜひご参加ください。

------------------------------------------------------
○ 前田憲二監督にお話を聴きに行ってきました。

先日(1月21日)に前田憲二監督にお会いするために、
ハヌルハウスの事務所にお伺いしました。

 僕が監督にはじめてお会いしたのは、昨年の12月6日に池袋の
芸術劇場での講演(「渡来人と日本列島」)でした。
 その日の監督のお話はプログラムの関係で短く、あっという間に
時間が過ぎてしまいました。
 もっとお話を聞きたかったのと、僕らがこれからやろうとしている
「walk9/韓国巡礼」のことをお伝えしたいと思い、ハヌルハウスに
お伺いすることにしました。ハヌルハウスには、前田監督と菅沼さんと
事務をなさっている広沢さんと受験で日本に来ているアキラくんがいました。
 その日伺った東アジア堂のメンバー3人は日本と韓国の歴史を
学びはじめたばかりなので「一体何を聞いたら良いのやら」と
緊張していたのですが、お話しして行く中で、監督の最新映画である
「耳塚(仮)」の編集作業が大分進んでいて、4月には上映できる
ということや、今はナレーションを入れようとしているということ
などをお聞きしました。

 豊臣秀吉と言えば、織田信長に仕え、農民から太閤にまでなった
英雄のように思っていましたが。秀吉が朝鮮に出兵して耳や鼻を切り取って
塩漬けにして持ち帰るように命令していたと聞いて、本当に驚きました。
 僕らは、一昨年にスタートしたwalk9がきっかけで韓国を歩くことに
なったことや、その準備のために去年の9月に江華島のマニ山に登り、
お祈りをして島を歩いたこと、韓国を5年歩き続けている
道法(ドッポ)上人の一団がたまたまソウル市内を歩いていて、
一緒に歩いたことなどをお伝えしました。
 監督は「ウォークの趣旨はとても素晴らしいから、それを具体化する
ためにどういう交流をし、歩いて行くのか今から考えなさい、
僕もヒントはあげるから自分たちで考えなさい」と言ってくれました。

 前田監督のお話は、ただ歴史を調べて話しているのではなく、
実際に現地へ行って見て感じたことをお話ししていたので、
本当に重みがありリアルで、とても興味深かったです。(櫛田)

------------------------------------------------------
○ 【募集】「walk9/韓国巡礼」で訪れるといいところ

前田監督のお話を受け、東アジア堂メンバーで「どういう交流を
していきたいか」「どのようなところを訪れたいか」話し合いました。

<どういう交流をしたいか>
・要所要所で日本人と韓国人が一緒にお祈りし、謝罪する。
そして2度とこの地で戦争を起こさないこと、これから平和を
つくりだすことを誓う。
・何か所かで地元の人たちと一緒にイベントやお祭りを行なう。
・walkに参加した人たちと話し合う時間を毎日少しでも持ちたい。
お互いの国が抱えている(平和的、地域的、社会的、環境的)課題や、
具体化したい平和の形、東アジアの未来について話し合いたい。
・週末にその地域の人と話し合う勉強会のような会を開きたい。

<どのような場所を訪れたいか>
・日本と朝鮮半島のつながりを感じられるところ
・謝罪やお祈りが必要な場所
・東アジア全体で今後考えていくべき課題のあるところ
(政治、経済、原発、環境問題など)
・日本人、韓国人であることを越えて人類として心の交流を続けた
人たちの足跡を辿る
・日本がまだ日本でなかったころ、渡ってきた多くの渡来人たちの
ルーツを訪ねる
・平和を実現しようとしているところ、これからの東アジアの課題
を解決するために参考となるようなところ

 これから東アジア堂で上に記したような場所について勉強し、
訪れる場所を決めていきたいと思っているのですが、
このメルマガを読んでいるみなさんにもここを訪れたらいい、とか、
ここがオススメとか、ここに知り合いがいるとかありましたら
ぜひ教えていただきたいと思っています。
ここの景色がきれい、でも、ここの人たちはあたたかい、でも
何でもかまいません。あげてくださったところすべてを訪れる
のは無理だと思いますが、参考にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

連絡先:higashi-asia-do-owner@yahoogroups.jp

------------------------------------------------------
○2/22「walk9/韓国巡礼」プレイベント第一弾詳細

「walk9/韓国巡礼」に向けたプレイベントを行います。
参加者みんなで輪になって、なぜ韓国を歩くのか、東アジアという
地域が僕たちにとってどんな意味を持っているのか、
「walk9/韓国巡礼」をどんなwalkにしたいか、などについて
話し合いたいと思っています。ミニライブやミニハングル講座も行います。
ぜひご参加ください。
 また東アジア堂では「出張東アジア堂」としていろんなところで
たくさんの人たちと「walk9/韓国巡礼」に向けたお話会を
開きたいと思っています。この地域でも開いてほしいという方が
おられましたらぜひ声をかけてください。
よろしくお願いします。

■「walk9/韓国巡礼」プレイベント第一弾■

日時:2月22日(日)
17:30 開場  18:00 スタート  21:00 終了
場所:西久保コミュニティセンター2階 大広間
(JR三鷹駅から徒歩8分 武蔵野市西久保1-23-7 0422-54-8990)
参加費:500円(おむすび&お茶付)

------------------------------------------------------
○ 【感想】前田憲二監督『神々の履歴書』

【1988年制作 監督 前田憲二】

この映画は、日本各所にある朝鮮半島からと思われる、渡来系神社を取材し、
地域の学者、文化人へのインタビューを通して古代日本と朝鮮文化の関連に
せまるドキュメンタリー映画です。特に日本各地にある、百済神社、新羅神社、
高麗神社の存在に注目し、その足跡をたどります。

朝鮮半島から渡来人が多く日本列島にやってきた時期は、3~4世紀で
いわゆる三国時代といわれる時代だったそうです。
日本では縄文人、弥生人という言われ方をしたりしますが、朝鮮半島から
たくさんの人たちが新天地を求めて島に渡ってきて、もっと前からこの島で
暮らしていた縄文人を従えたり、混ざり合ったり、追い払ったりしながら
渡来人たちを中心とした大和王朝ができたのではないかと言われています。
でも、ふと思い出すと、私が日本の小学校、中学校で学んできた日本史では、
大和王朝の時代(聖徳太子などの時代)に、多くの渡来人がいたということは
ほとんど学ばなかったと思います。それは古代史がとても曖昧なものだから
かもしれませんが、日本という島国に住む人たちの多くは、ここが島である以上、
様々な地域から流れてきた人たちの末裔だと考えるのが自然だと思います。

映画の中でも登場しますが、東日本の古墳には、新羅とか高句麗形式の古墳
が多々みられるそうです。私は韓国で初めて土葬のお墓を見たとき、小さな
古墳がたくさんある・・・そう思いました。
古墳を作る風習をひとつとっても、日本と朝鮮半島の古代からの深いつながりを
感じずにはいられません。

前田監督が、日本の神々の履歴をたどっていきついたのは、朝鮮も日本もない、
そんな世界だったのだと思いました。(姜)


------------------------------------------------------
○新「東アジア堂」メンバー紹介

前回のメルマガを読んで数名の方が新たに「東アジア堂」メンバー
になってくださいました。そのうちの一人、栗田めいさんからの
コメントを紹介します。
今後も随時紹介させていただきます。
「東アジア堂」メンバーはまだまだ募集中ですのでぜひご参加ください。


はじめまして、めいです。
メルマガvol.1を見て、参加しました。

ミーティングは、おいしいご飯とお味噌汁から始まります。
お腹が満たされたら、その日の議題へ。
韓国を歩いてどうするのか、どんな場所へ行き、どんなことをしたいのか。
韓国の近代史、古代史、日本との関係、日本の歴史のこと。
それから、このWALKの名前、プレイベンントや冊子作りのこと。
そんな話をします。
わたしは知らないことの方が多く、たいてい「ほ~」「へぇ~」と
聞いています。
韓国で孤児院を作った人、役人として韓国へ行きながら韓国語を学び
陶芸を学び現地の人々と交流した人の話では、同じような思いを持って
活動していた日本人がいたんだ!と思って、嬉しくなりました。
東アジア堂のミーティングは、大きな問題へ立ち向かおうとしていながら、
とてもポジティブで未来のある話がたくさん出てきます。
どんなに仕事でぐったりしていても、必ずパワーをもらって帰ります。
読みたい本、見たい映画、訪れたい場所、日本で会いたい人が
どんどん増えてきます。

濃いエネルギーがぎゅっと詰まったアジアが大好きです。
だから、傷ついた魂のために祈り、少しでも多くいいところや魅力を知りたい。
そのために、いろいろなことを日本で感じて、韓国へ行きたいと思っています。

あっ、ミーティングの最後は、Yejinのハングル講座があるんですよ。
難しいけれど、違う言語を学ぶことは楽しいです。

-----------------------------------------------------

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

東アジア堂メンバー 一堂

(問い合わせ先)higashi-asia-do-owner@yahoogroups.jp




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« walk9/韓国巡礼・・・東アジ... | トップ | 2/22「walk9/韓国巡礼」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。