質素な毎日☆ひとりごと

主婦 日々の雑感いろいろ。クローン病のことも。

世界の人口 日本の人口

2017-04-05 14:28:24 | 日記
江戸時代の終わり頃 日本の人口は約3千万人くらいだったそうである。
現在は1億2千万人。

およそ4倍。

世界の人口1900年頃。20億 現在73億

あら、まだ4倍にはなっていませんね。でもそのうち80億はあっさりと超えるでしょう。

つまり日本の人口は世界のトレンドよりも早い勢いで増え、世界の人口増えすぎとか言っている日本人が率先して増やしてきました。

今ではかんがえられないことですが、1960年頃から 極端に増える人口の増加を抑えるため、国を挙げて子供は2人にしましょう。法律で中絶もやってきたのです。

ところが、現代は子供が生まれないといって慌てる。

私が思うには、4倍もふえたのですから、日本の人口は半分くらいになっても良いじゃないかとおもうのです。

日本の人口は減少に転じているけど、世界の人口はまだまだ爆発しています。

これはかつて日本のが辿った道を先進国以外の国が辿っていると言えます。 どの国だって年々平均寿命は伸びている。医療が進んで死ななくなる。ところが出生率は変わらない。開発途上国は人が労働力となり、働き口もあるわけです。

このままどんどん世界の人口がふえ続けたらどうなるのだろう。食糧問題 資源の奪い合いと心配になりますが、どうやら世界的出生率は下がってきているようです。(といってもまだ2倍以上)

経済発展を遂げると、人は子供を産まなくなるようなのです。

しかし、まだ100年は増えていくでしょうね。

日本の人口は これから徐々に減っていきます。そして超高齢化 高齢化の問題点はなんといっても社会保障です。今のままの社会保障は絶対に無理。
必ず 抜本的に見直されるでしょう。

移民で若い人口を増やすとかいう案もあるけど、また その移民が年をとった時の保障は また 移民とかなってしまうでしょう。
まぁ、そもそも世界規模でグローバル化するのは仕方ないのかもしれませんね。

日本の伝統的な〜などど言っていられない時代になる日も避けられないのかも。

とにかく、自分は高齢化社会の高齢者ど真ん中になってしまうので、他人事ではありません。

日本の人口問題のために私はなにができるのか、

…早々に死ぬこと…

そういうわけにはいきませんね。死ぬ時が来るまでは生きようと思っています。

せめて、病院に無駄に受診しない。検診は受けない。ギリギリまで粘って病院で 手遅れです。と言われるまでがんばる。

あと、今年金をもらってる親の年金をアテにして、老後の資金を貯めるなどもよいかもですね。
年金受給者と生計を一緒にしている人は、親の年金だけで生活し、自分の稼ぎは全部老後の貯金に回すとか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お墓問題 | トップ | 抗がん剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。