質素な毎日☆ひとりごと

主婦 日々の雑感いろいろ。クローン病のことも。

関ヶ原 歩いてきました

2016-10-18 15:39:02 | 日記
歴史街道を歩く旅。今回は関ヶ原編。

今月初めに日本橋(正確には東京駅)から 戸田の渡し(正確には戸田橋)を独りで歩いて、かなりへこたれたのですが、まだまだ 冒険心はとどまりません。

3日も経てば、もううずうずとして 芭蕉のごとく、ももひきのやぶれを綴り、道祖神の招きに気持ちそぞろ。

今回は関ヶ原祭り真っ只中の関ヶ原で 各陣跡をめぐる旅に行ってきました。

いつも そうなのですが、行く前は これくらいの楽しさかなと想像するものをはるかに超えて面白いのです。

なんといっても、三成陣跡から見える景色が素晴らしかったです。 関ヶ原合戦の実際のスケールが 直に体感できます。
大谷陣跡の近くに 大谷が自害し、その墓がある山も なんとも言えず、寂しげで線香の香りもあり、戦に負けた無念さを感じることができました。

あと、おまけで少し中山道を歩くことができました。
何度か中山道を歩いているせいか、中山道を歩くと 勝手知ったる道な気がして、心が休まるのはなぜでしょうか?

途中 不破関も訪ね、中山道の前進の東山道に想いをはせ、壬申の乱の勉強をし、でも 壬申の乱は1300年以上も昔、なかなか想像できない。 しかし、関ヶ原はそんな昔から 東西南北の道路が交わる土地で、とても歴史深いところなのです。関ヶ原の関は この不破関からきているとか。

関ヶ原にもたくさん駐車場あったけど、色々初心者の私たちは上手く読めず、大垣駅に車をとめたので、帰りはJR東海道線の電車がすぐくるので、慌ててホームへ。

夫が 関ヶ原名物のお菓子が買いたかったらしいのですが、お土産屋も見れず。関ヶ原名物の首饅頭は 買えなかったです。(そんなお饅頭はありません!)

でも関ヶ原のホームに長い貨物列車がなぜか止まってて、それが急にガタンと動き出したのが見れたのはおもしろかった。 ゆっくり動き出すので ひょいっと貨物がのっていない台車に乗れちゃうくらい。



次回は 東山道 岐阜と長野の峠越えの旅を予定してます。


三成陣跡より

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甘酒 | トップ | 古代からあった環境破壊 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。