質素な毎日☆ひとりごと

主婦 日々の雑感いろいろ。クローン病のことも。

年賀状やめたいんです

2016-12-28 23:17:04 | 日記
しめ縄や鏡餅 おせちなど手作りしたい私は、日本の伝統を守る丁寧な暮らしにあこがれているから、当然 年賀状もきちんと出す…

と思ったら大間違いです。

しめ縄や鏡餅を作るのは、自己満足のため。手作りしたら面白いだろうなとか、年神様を家に迎えれば、新年気持ちよくスタートできるだろうなどど思うだけです。

おせちを手作りするのは 市販のおせち料理が信用できないからなのです。

で、年賀状。

もう、ずーっと苦痛なんです。
年賀状だけのつきあいの人がたくさんいます。

こちらも なにか一言書こうとしても何も思い浮かばない…別にその人達が嫌いとか言うわけではないけれど、義務になっているのが苦痛なのです。

もう何年も 図柄だけで なんと一言も添えてない年賀状を送っています。

やめたいといっても、親戚だけは年賀状を出したいとはおもっています。(これだけでも結構大勢いる)

しかし、友人たちもやめるタイミングが難しい。

喪中になったときに 欠礼ハガキを出しますが、その時に

来年以降の年始のご挨拶は控えさせていただきます。

とだすとか、 年賀状をもらった相手のみ 寒中見舞いの返礼をだすようにする。

などと方法があります。

さすがの私もなかなか、きっぱり 年賀状やめます!とは言えないです。こちらは友達をやめるつもりではないけれど、相手方は友達やめますって受け取るかもしれない。
友達やめるわけではなく、年賀状をやめたいだけなんですよー。年賀状やりとりしてなくても、仲が良い友達たくさんいるじゃないですか。

私の場合、学生時代の友人も独身時代の友人もだいたい メールやLINEでつながっているのでいつでも、連絡は取れるのです。

これだけ、インターネットが普及した時代の流れのなか、もはや年賀状は無理があるのだと思います。実際、子供たちは一枚も年賀状をだしません。

それで、今年はどうするかというと、

とりあえず ソフトランディング作戦にしました。

年賀状を頂いた方には なるべく一言そえて、年賀状を返すという方法にしてみます。

相手ももしかしたら、同じ気持ちかもしれなくて様子見してるかもしれないです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市販のしめ縄をアレンジ | トップ | 今年のおせち料理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。