質素な毎日☆ひとりごと

主婦 日々の雑感いろいろ。クローン病のことも。

昔ながらの引っ越しをしてみた

2017-01-25 13:38:33 | 日記
子供が東京から東京へ引っ越しました。

なにせお金もあまりないので、引っ越し業者を頼まない自力の引っ越しをしました。といっても 1人でというわけではなく、親動員です。(ノД`)

もともと、冷蔵庫洗濯機テレビ付きの部屋だったので、荷物も少なく。それでもミニバンで3回運びました。自転車とか余分だった。片道20キロくらい。

しかも、我が子といったら、全く荷造りもしてなくて、前日も遊んで深夜の2時にかえってくる始末。(~_~;)

ダンボールは近くのスーパーであらかじめ少しずつ用意しておきました。
あと引っ越しに役立つのは衣装ケース。衣装は入れずにキッチン用品は衣装ケースにいれてそのまま持ち運びました。
衣装は大きなショッピング袋やスーツケースにどさっと入れる。
布団は布団を買った時についている布団ケースを大事にとっておく。
ベッド カラーボックスは分解。机はそのまま。

今度は電化製品をいろいろ買ったし、ソファも買うとかいってるので、もう自力はむりですね。

かかった経費は高速代、ガソリン代、駐車場代
。愛知から遠征しているとはいえ、やはり断然安上がりでした。

自分が25年前に10キロくらいのところを引っ越すのに、たしかアリさんマークで20万近くかかりました。高すぎたのかなぁ。でも3人は来ていたような。電動ハシゴも使ったし。子供も小さかったので、おまかせパックだったのかなぁ。おもいだせません。

また、さらに40数年前に引っ越した時は たしかトラックは屋根のないタイプでしたね。そこに家財道具全部くくりつけて、自分たちはそのトラックのあとをついていった記憶があります。引っ越し業者みたいなものはなくて、運送屋だったのかもしれませんね。雨だったらどうしたのでしょうか?

また、父が京都から愛知へ就職で出て来た時の話は、驚きです。

京都駅までリヤカーで荷物を運び、鉄道輸送で荷物も本人も愛知入り。当時は運賃は荷物と人とふたつあったそうです。駅には荷物を運んでくれるポーターがいたそうです。赤帽っていうのかな。

そして、愛知の駅について、またリヤカーで住むところまで行ったそうです。昭和32年の話です。

そこから思うと、ずいぶん日本は変わりました。

さすがに引っ越しだけでは、私たちもつまらないと ちょいちょい観光もしてきました。


さった峠


足柄パーキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の若者の食生活は大丈夫か? | トップ | 細雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。