負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

心の故郷として歌われる“川” 3

2017-05-26 04:15:53 | 原発震災避難者


遠足



われわれ日本人の感覚には

深く「水が万物の母」的認識が

存在しています


そして

その小川に住む生物にも

限りない愛情を持っていました



それが


♪ 春になればしがこも溶けて

どじょっ子だの鮒っ子だの

夜が明けたと思うべな


・・・ のような歌になったのでしょうね


                           (4につづく)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の故郷として歌われる“川” 2 | トップ | 心の故郷として歌われる“川” 4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。