こんにちは。年金者組合南大津支部です。

高齢者のいのちとくらしを守り、ひとりぼっちの高齢者をなくすために力を合わせましょう!!

グランドゴルフのお誘い

2011-05-30 | 他団体取組み

近畿も入梅しておまけに台風がやってきていろいろな行事が中止になりました。被災地も又 土砂崩れなどおきませんようにと祈るばかりです。

久し振りのグランドゴルフですが当日はどうかお天気になりますように!みなさん 誘い合わせてぜひご参加ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5.25全国統一行動

2011-05-29 | ニュース

全国統一行動に参加された滋賀県の彦根・愛犬支部のブログからの転載です。

年金要求、大震災、原発災害などの要求かかげ、5・25全国統一行動・中央行動Add Star

 

全日本年金者組合は5月25日を中心に、最低保障年金実現、年金引き下げ中止、大震災復興と支援、原発事故完全補償などの要求をかかげ、全国で集会やデモ行進、申し入れを行った。

首都圏でおこなわれた中央行動には、東京都本部と千葉県埼玉県神奈川県から800人を超える組合員が参加した。

午前11時から厚労省前で決起集会を開催。

篠塚多助委員長が主催者あいさつ。

f:id:urori4238:20110525114120j:image:medium

「大震災原発災害で多くの高齢者が、困難な生活で生命さえ脅かされている。救済と復興を急ぐことを求める,

年金者組合も救援のため募金や支援に全国で取り組んでいる。組合員を増やし、もっと力を発揮したい」と呼びかけた。

12時過ぎから国会に向け請願行動、シュプレヒコールで訴えた。

f:id:urori4238:20110525125835j:image:medium

午後からは舞台を議員会館前に移し、座り込みと集会を行った。

f:id:urori4238:20110525132304j:image:medium

集会では「年金引き下げ停止」など3つの決議を採択した。

集会に先立ち、午前に厚労省、午後から経産省を訪問し、申し入れ、交渉した。

なお、年金者組合滋賀県本部は6月2日、県庁内で嘉田知事宛ての請願書を提出し、交渉する予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚労省・経産省 要請行動報告

2011-05-28 | ニュース

        525全国行動中央集会の前後に、厚労省と経産省への要請行動を行いました。その概要を報告します。                  2011527

 

   5・25 厚労省・経産省 要請行動 報告              

 

<厚労省要請>

        厚労省側出席者

   宮曽根 年金局年金課企画法令第三係長 企画法令から他2名

   根本  年金局事業管理課年金給付専門官

   

        主な回答 

        04%引き下げについて

法令に基づき、平成17年度規準で措置し、04%引き下げとした。

総務省の物価指数に基づいて、措置している。高齢者の実態に応じてと、たとえば生鮮食品物価にあわせるとすれば、農作物の作柄など、別な問題も起こってくる。

 ← 高齢者の生活実態をふまえるべきだといっている。2000年から3年間の据え置き措置は、当時の経済状況・高齢者の生活実態をふまえたのではないか。

 

        無年金・低年金者への措置について

 集中検討会議で、具体的な検討を進めている。

 

        受給資格期間短縮について

 短縮する方向で検討中。ただ具体的に何年にするとはいっていない。

10年にすれば、無年金者は減るが低年金者が増えるという問題が起こる。

 ← 15年、20年と保険料を払い続けていた人が無年金になっている実態を見よ。

  10年にすれば、今まで無年金だった人が2万でも3万でも年金を受給できるということは大きい。低年金者が増えるというとらえ方はおかしい。

 

        年金の毎月支払いについて

 事務的な措置が大きく、被災地だけだとしても、すぐには対応できない。天引きしている介護保険料の処置などシステムの変更、自治体業務の変更など、膨大な実務が必要になる。

   こうした要請の場で、「平成23年度までには、一定のめどをつける」という回答があった。どうなっているのか。

 

        最低保障年金について

 どのようなものにするか、民主党マニフェストなどの案なども含め検討中。

 

        財源について

 財源については、消費税を含め、総合的に検討している。必ずしも消費税だけとは考えていない。

        災害対応について

 現認届がなくとも支給を継続する、保険料払込期日の延期など、一定の規制緩和を行っている。

 

<経産省要請>

        経産省側出席者

   市村 原子力安全・保安院 企画調整課長 同課ほか2

   永井 内閣府 原子力災害対策本部 原子力被災者生活支援チーム 総括班

   渡辺 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部

新エネルギー対策課課長補佐

 

* 主な回答

        原発事故への対応について

 つなみで冷却設備の機能が失われ、地震発生当日夕刻までに保安員に対策本部を立ち上げ、さらに内閣府に総合本部を立ち上げ、今日に至っている。

現状は、楽観はできないが、少しずつ事故原因も解明でき、爆発など危険が起こる状況は脱している。

 

        被災地への支援について

 329日に、各関係省庁から80名のメンバーが出て、生活支援チームを立ち上げた。

 仮設住宅建設を急いでいるが、場所がなく難渋している。

医療費負担、介護の自己負担なども免除している。

仕事を失っている人に、被災地の見回りの仕事を斡旋するなど、職を補償する努力もしている。

 ← 被災地は、農漁村地域だ。生活基盤を根こそぎ奪われている。当面のアルバイト程度の仕事斡旋などではなく、抜本的な地域の立て直し策を考える必要がある。

 

        原発依存からの脱却について

原発の新設計画14基については、ゼロにすることも含め検討している。自然エネルギー、再生可能エネルギーへの依存率を高めるのは当然のことだ。スピードを速めたいが、太陽電池は天候・夜間などへの対応上、蓄電機能を高めなければならない、風力は適地が限られるが海上への設置なども検討している、地熱は世界第3位のエネルギーをもつが自然保全とぶつかる問題があるが有望な資源だ、バイオマスは原材料を収拾するのに新たに道路を建設しなければならないなど、課題は多いが、実現に向け検討を進める。

 ← 自然エネルギーへの転換を検討されているのは、大いに歓迎するところだが、そのためには、国のエネルギー関連予算を相当必要とする。補正予算・来年度予算大綱にむけて、どう検討しているのか 回答なし。

 

        原発の安全確保について

 地震は予測の範囲だったが、津波が予測のレベルを超えたもので重大な事態になった。メルトダウンについても、想定を超えた津波被害で、想定外だった。

  ← 地震の安全レベルを、どう設定していたのか。具体的な数字も出せないのでは納得できない。

    今回の事態の原因を津波にのみ求めるのは問題がある。女川も被害を出している。学者・研究者にも、津波にのみ起因する論には批判をもつ方もいる。

    地震国といわれる日本で、原発安全地帯はあるのか。あるとすればどこか。

 

    東電の指導・監督、情報の混乱について

    4月下旬以降、毎日、監督権限をもって、東電に情報を提供させている。現在、東電と保安院共同の「総合対策室」を立ち上げ、分析・検討を共同で行い、公開もするなど、透明性を高める努力をしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井原発の廃止を求める昼休みデモに参加を

2011-05-25 | 写真

福井原発の廃止を求めるデモに参加を

年金者組合の皆さん5月31日はデモに参加しましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山野草オークションのお知らせ

2011-05-23 | ニュース

坂口さん宅までの道順などがわからない方は役員までご連絡ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコンであそぼう

2011-05-23 | 他団体取組み

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻住庵 その2

2011-05-19 | 写真

   

    さあ出発 階段が続くけど大丈夫かなあ・・・                                    近津尾神社ついた。もう少し

  

椎の木がいっぱい茂って緑が美しい       幻住庵の門をくぐって                みんな登ってきたかあ?

   

  全員でハイ・ポーズ                      降りもちょっと階段やけど足元 気つけて

  

健脚の人は太子堂へ               聖徳太子を奉ったお堂              琵琶湖も見えて最高!

   

 

フォレオのレストランで昼食            和風メニューで赤米の枝豆入りご飯  味噌汁とデザートつきでお腹いっぱいに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻住庵を訪ねて

2011-05-18 | 写真

昨日とうって変わりよいお天気になり23名が参加する幻住庵行きとなりました。当初 ハイキングとして歩いて行く予定でしたが、ちょっと歩くのはしんどいなあという方たちが多かったので車に分乗して行くことになりました。

  

幻住庵の手前にある近津尾神社

    

「先ず頼む椎の木もあり夏木立」と詠んだ椎の木  幻住庵までの道沿いに椎の木が沢山ありました。

  

ほっとしてひと休み 一句 詠もうかあなあ         庵からの眺め

   

「谷の清水を汲みてみづから炊ぐ」と書かれた とくとくの清水      新緑の道を歩く

      

健脚の人は太子堂まで行ってきました。琵琶湖が見えましたよ。      昼食はフォレオのレストランで。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

救援募金被災3県に

2011-05-15 | ニュース

      救援募金被災3県に

年金者組合東北ブロック代表者会議が4月26日大震災後はじめて宮城・仙台市内で開かれました。

中央本部の篠塚委員長も激励にかけつけ、被害が特に大きかった宮城・岩手・福島の3県代表に全国から寄せられた救援募金の第1次分を手渡しました。

東日本大震災から2ケ月あまり震災救援募金は、4月27日現在1200万円を超えました。

阪神淡路大震災では半年で800万円余の募金を集めました。当時はまだ組合員が3万人の組織でした。

10万を超えた組織の力が発揮されています。(中略) 地域での救援募金と併せて署名活動も。人のつながりを大切に、地域にしっかり根を張ってがんばる・・・年金者組合の本領発揮の時です。(年金者新聞第257号 針路より抜粋)

南大津支部からも2名の組合員(森下・深尾両氏)の方が他団体のボランティア要請に応えて被災地へ応援に行っておられます。

 なお夫々の組合員の方から義援金が寄せられていますが、南大津支部としても1万円を義援金として送らせていただきました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻住庵を訪ねるハイキング

2011-05-11 | 写真

行程は集合場所から約3㌔1時間程度です歩行困難な方は麓まで車で送ります。

遠慮なく申し付けてください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加