日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

未来のため 声上げる ― 総がかり実行委 国会前行動

2017-03-20 | 危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな

 憲法無視、国会軽視の安倍政権を一日も早く退陣に追い込もうと19日、総がかり行動実行委員会が国会議員会館前行動をくり広げました。衆院第2議員会館前を中心に4800人(主催者発表)が参加。弁護士や野党議員と一緒に「共謀罪の新設反対」「森友問題徹底究明」「南スーダン即時撤退」とコールしました。

                         
写真

(写真)共謀罪反対と、自衛隊の南スーダン即
時撤退を求めて集まった人たち。右端は国会
報告する田村智子副委員長
             =19日、衆院議員会館前

  参加者の列は長く、参院議員会館前、国会図書館前まで伸びました。用事で大阪から来たという20代の男性は、「森友学園の問題など、今の政治に疑問がたくさんあります。せっかく東京にいるので、『おかしい』と声をあげに来ました」と話します。

 東京都江東区から参加した女性(61)は、戦争法にもとづく自衛隊の南スーダン派遣や、「森友学園」が運営する幼稚園で教育勅語を暗唱させていた問題など、「日本を戦争する国にさせてはいけない。絶対に今の憲法を守りたい。行動を続けます」と語りました。

 各団体の代表が共謀罪、沖縄、原発などをテーマに発言。日本弁護士連合会の山岸良太さんは教育勅語についてふれ、「明確な憲法違反です。戦後、衆参両院で廃止決議がされました。立憲主義、国民主権を否定しているからです」と強調しました。

 行動提起をした総がかり行動実行委の福山真劫さんは、「全国で立ち上がれば、安倍政権を退陣に追い込める。未来のために頑張ろう」と呼びかけました。

 日本共産党の田村智子副委員長、民進党の初鹿明博衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員がスピーチし、参加者とエールを交換しました。共産党の畑野君枝衆院議員も参加しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “東ガスとの基本合意後、関与... | トップ | アベ政治ノー4000人 ― ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。