日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

“復興相の資格ない” ― 「自主避難者」への暴言 岩渕氏が追及

2017-04-20 | 政党・政治家・官僚 これでいいはずがない!

  福島第1原発事故の費用は東京電力が負担するという原則を投げ捨て、帰還困難区域の除染費用を国が肩代わりする福島復興再生特別措置法改定案が19日に参院本会議で審議入りしました。質問で日本共産党の岩渕友議員は、「自主避難者」に「本人の責任」と言い放った今村雅弘復興相を厳しく批判。「被害者は自己責任、加害者は免罪する今村氏に復興相の資格はない。ただちに辞任すべきだ」と迫りました。

 岩渕氏は、福島県民の1人として事故を振り返り「事故さえなかったら失うことのなかった命がある。生まれ育った自然豊かな故郷で、家族や友達とともになりわいや生きがいをもって生活する。当たり前のくらしと人生を奪われることもなかった」と強調。「自主避難者」の命綱である住宅無償提供が打ち切られるなかでの今村氏の暴言は、福島を切り捨てる安倍政権の姿勢があらわになったものだと批判しました。

 岩渕氏は、除染費用への国費投入は東京電力の責任を免罪するものだとし「そのツケを国民に押し付けることは認められない」と主張。“賠償打ち切り”の姿勢を続ける東電に対し国として指導するよう求めました

 今村氏は、暴言で「おわび」を表明しながら辞任は拒否しました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民監視と一体化 「共謀罪... | トップ | 沖縄に連帯 会場あふれる ―... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。