日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

「共謀罪」強行阻止へ全力 ― 廃案目指す集会に5200人 日比谷野音

2017-06-14 | 危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな

 「絶対に強行採決させない」―。政府・与党が「共謀罪」法案の強行採決をねらい緊迫するなか、東京・日比谷野外音楽堂で13日、「共謀罪」法案の廃案をめざす集会が開かれました。会場外にもあふれる5200人(主催者発表)が参加し、「市民と野党の共闘で必ず廃案に」と訴えました。主催は、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」と「共謀罪NO!実行委員会」。

              写真
(写真)「共謀罪」廃案、安倍改憲許さないと訴える人たち
                              =13日、東京・日比谷野外音楽堂

 埼玉県所沢市の男性(72)は、「渓流9条の会」の仲間と参加。「私たちは『右手に釣りざお、左手に憲法』と平和を守ろうと活動してきた。国民に説明しないまま通そうとするとは、国民を愚弄(ぐろう)する態度です。廃案にして、こんな安倍政権を退陣に追い込みたい」

 主催者あいさつした共謀罪NO!実行委員会の海渡雄一弁護士は、「強行採決を食い止めるため持てる力の全てをかけてたたかおう」と訴えました。

写真

(写真)集会参加者に手を上げてこたえる(前列左から)民進・蓮舫代表、共産・志位和夫委員長、社民・福島瑞穂副党首=13日、東京・日比谷野外音楽堂

 日本弁護士連合会の山岸良太憲法問題対策本部長代行は「一般市民も監視対象にされる監視社会になる」と批判。日本ペンクラブの吉岡忍専務理事は、人権を抑圧する法律ができれば「必ず悪いほうへ転がることは歴史が証明している」と強調。日本労働弁護団の棗(なつめ)一郎幹事長は、「国民が統一戦線を組んで安倍政権を倒そう」と呼びかけました。

 集会後、参加者は銀座に向けてデモ行進しました。

4野党党首らスピーチ

 13日の「共謀罪を廃案に!安倍改憲NO!6・13市民集会」には、4野党の党首らがそろって参加し、スピーチしました。

 日本共産党の志位和夫委員長は、「共謀罪」法案は審議すればするほど国民の批判が広がっていると指摘。「『何をしたら罪に問われるか』―犯罪の構成要件が、あまりに曖昧、不明確で、捜査機関の一存でいくらでも広げることができ、結局は人の心の中―内心を処罰する憲法違反の治安立法だからです」と強調しました。

 志位氏は「野党4党・1会派は力をあわせて頑張り抜きます。最後までこの悪法阻止のためにがんばりましょう」と呼びかけました。

 民進党の蓮舫代表は「国民の内心の自由、当たり前に憲法で守られていることを踏みにじる安倍内閣に、明確にNOをつきつけよう」と表明。「国会では野党が思いを一つに、間違った政府をしっかり止めていきたい」と力を込めました。

 自由党の山本太郎共同代表は「みんなで力を合わせ廃案に追い込もう」、社民党の福島瑞穂副党首は「『戦争する国』をとめるため、連帯し声をあげよう」と訴えました。志位委員長のスピーチ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」反対署名153万... | トップ | 森友・加計問題 幕引き許さ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。