日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

九州北部豪雨1週間 避難1300人 不明21人 ― 住民、泥出しに懸命

2017-07-13 | 被害状況・被災地の現実

 福岡、大分両県を中心にした豪雨災害発生から1週間となる12日も九州北部は未明から朝にかけ、局地的に激しい雨が降りました。懸命の捜索が続けられていますが難航。全体的被害の把握もこれからです。日本共産党は被災者の切実な声を聞いて、救援に全力をあげています。


 被害がとりわけ大きいのが福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市。朝倉市で12日、新たに3人を心肺停止状態で発見、2人の死亡が確認されて福岡、大分両県の死者は27人、行方不明が21人に。不明者が集中する朝倉市杷木松末(はきますえ)では土砂で道路が寸断され、捜索が難航しています。

 被災家屋では住民が泥出しに必死です。粘土のような泥で長靴が抜けない状態の地域も。朝倉市で泥出しをしていた男性(66)は「朝から晩まで泥出し。うちは知人が多いから何とかやっているが、1人暮らしではどうしようもない」。

 12日、孤立していた日田市2地区は県道の復旧で解消し、孤立集落はなくなりました。

 JR九州によると97カ所で被害、鉄橋復旧に3年かかるとの見通し。住宅は福岡、大分両県で全壊が約100棟とされていますが、実態はもっと多いとみられます。福岡県は民間賃貸住宅借り上げの仮設住宅入居募集を始めました。最大300万円が支援される被災者生活再建支援法が朝倉市、東峰村、日田市に適用されています。

 被害の全容把握▽避難生活の改善▽救援の前提となる罹(り)災証明の早期交付▽災害救助法の全面的活用と被災者生活再建支援法の弾力的活用▽住宅、生業再建への取り組み―などが課題です。被災市町村は小さい自治体なので国と県が財政でも人材でもしっかり支えることが重要です。

 避難者は福岡、大分両県で約1300人。共産党は国会、地方議員らが被災者の要望を聞いて回っています。

 避難所では「床が固い。暑くて眠れない」「テレビがなく情報が伝わらない」「プライベートな空間がほしい」「弁当ばかりでなく、調理ができれば、野菜もとれる」などの声が出されました。党議員らは災害救助法では「温かく栄養バランスのとれた食事」「間仕切り、段ボールベッドの購入」が保障されていることを知らせ、「一緒に声を上げて、改善していこう」と被災者を激励しています。

 

九州豪雨 壊れたハウス 悲嘆
       ― 手に負えない 大分・日田

 九州北部の豪雨災害から1週間。大分県日田市の北東部、東有田地区では山あいを流れる有田川が護岸をえぐり各所で氾濫し、川沿いの田んぼが泥や土砂、流木で埋まる被害が広がっていました。

 


写真

(写真)流木や板きれなどが突き刺さり倒壊寸前のハウス=11日、大分県日田市東有田

 記録的豪雨から6日の11日、農機具倉庫で一人、泥出しに汗を流していた男性(52)は「丸太がハウスを突き破った。手に負えない」と指さしました。

 長さ十数メートルはある3棟のビニールハウスは中央部分の骨組みが折れ、屋根が陥没して倒壊寸前。その横腹にはおびただしい数の流木、板きれ、折り曲がった防護さくなどが突き刺さり、ごみとともにたまっていました。

 男性は果樹栽培に挑戦しようとハウスを建て替えたばかり。約7反ある田んぼの半分近くも泥や土砂に埋まりました。

 男性は「とても一人では手をつけられない状態だ。仮にハウスは建て直せても、栽培を再開できるまで何年かかるか分からない。先が見えない」と語り、「せめて激甚指定してもらわないと」と、支援を訴えました。

 日田市内での農業被害の全体像は判明していません。市の調査(11日現在)では、東有田地区だけで泥・土砂に埋まった田んぼ、護岸や井堰(せき)、水路崩壊、ハウスなど農業施設の損壊などの被害は470件にのぼります。

安心して生活できない

仁比議員に切々

福岡・朝倉

写真

(写真)被災した男性から話を聞く仁比氏(手前左)と益永氏(同右)=12日、福岡県朝倉市

 九州北部豪雨を受け、連日被災地をまわっている日本共産党の仁比聡平参院議員は12日、大規模な土砂災害が発生した福岡県朝倉市の被災状況を調査しました。

 自身も被災し、地元の被災状況をよく知る益永廸弘(みちひろ)さん(70)の案内で、被災者から家屋被害の状況と生活再建の課題を聞きました。

 倒れたブロック塀の下敷きになって70代の男性が犠牲になった宮野地区では、土砂崩れとすさまじい勢いで流れ込んだ泥水で被害が広がりました。

 裏山の斜面が崩落して自宅の1階部分に土砂が流れ込んだ農家の女性(77)は「山鳴りが聞こえ、泥水に押し流されて納屋に逃げ込みました。あと1秒でも避難が遅れていたら命が危なかった。このままでは安心して生活することができない」と訴えました。

 山田地区では、2カ所のため池が決壊した現場や道路上の流木を重機で除去する作業を確認。周辺の住居では、泥まみれの畳や家具を屋外に搬出する作業が続いていました。

 仁比氏は「元の生活をなんとしても取り戻せるように力を合わせて頑張ります」と行く先々で被災者に声を掛けました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民監視を正当化 ― 大垣警... | トップ | 入間基地拡張 説明会を ― ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

被害状況・被災地の現実」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。