日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

オスプレイ全国で訓練中止を!  紙・畠山議員 防衛省に要請

2017-08-08 | 安保・沖縄を問う!アメリカの占領下か!
写真

(写真)オーストラリアでの米軍オスプレイ墜落事故を受け、防衛省に対し、全国でのオスプレイ訓練中止を求める紙議員(右)と畠山議員(右から2人目)=


日本共産党の畠山和也衆院議員と紙智子参院議員は7日、オーストラリア東海岸沖で5日発生した米軍MV22オスプレイ墜落事故を受け、防衛省に対し、10日から北海道で予定されているオスプレイを用いた日米共同訓練の中止と全国での訓練中止を求めました。あわせて日本政府としても事故原因を把握し、国会や国民へ説明するよう申し入れました。

 防衛省は、事故原因は明らかになっていないとした上で、日本国内でのオスプレイ飛行自粛を米側に申し入れたと説明。一方、「運用上最低限必要なもの以外は自粛してもらいたいというスタンス」だとして、米軍の運用次第では飛行や訓練を事実上、認めるかのような姿勢を示しました。北海道での訓練へのオスプレイ参加は米側と調整中とし、訓練開始までに結論が出るかどうかは答えられないとしました。

 畠山氏は、昨年12月の沖縄県名護市でのオスプレイ墜落事故の調査報告書も米側から出ていないのに訓練が実施されていることを批判し、「また墜落事故が起きたことで強い怒りと懸念の声が出されている。オスプレイの危険性を考えれば、訓練中止しかない」と求めました。

 紙氏は、「原因も明らかになっていない中で飛ばすこと自体、国民からすれば許せないこと。一日も早く訓練中止の結論を出してもらいたいというのが国民の共通の思いだ」と指摘しました。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南シナ海問題で合意! AS... | トップ | 第42期囲碁新人王戦決勝 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安保・沖縄を問う!アメリカの占領下か!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。