日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

就学援助の地域差拡大 ― 消費税10%増税 田村貴氏「断念を」

2016-11-05 | 教育・保育・子育てを考える

 日本共産党の田村貴昭議員は1日の衆院総務委員会で、経済財政白書が消費税の8%への増税がとくに若年子育て世帯に大きな影響を及ぼしていると分析したことを示し、「消費税の10%への増税は延期ではなく断念せよ」と訴えました。

 田村氏は、困窮家庭の小中学生に学用品などを助成する就学援助について質問。国庫補助のある要保護と自治体が独自に定める準要保護があり、2013年度は154万人が受給し、うち9割は準要保護です。田村氏は、05年の「三位一体改革」で国庫補助を一般財源化した結果、「少なくない自治体で(準要保護の)認定基準の引き下げが行われた」として、「実態を掌握しているか」とただしました。文部科学省の滝本寛審議官は「(調査した)123市区町村のうち、認定基準の引き下げは87自治体であった」と述べました。

 田村氏は、福岡県では準要保護の認定基準が課税所得400万円の自治体と200万円の自治体があり2倍の格差があると指摘。国庫補助の復活を求める職員の声も紹介し「一般財源化の影響を調査し、ふさわしい財政措置を検討すべきだ」と求めました。

 高市早苗総務相は「準要保護世帯の就学援助については従来の国庫補助を踏まえた補正をしている。地域の実情を踏まえて適切に対応したい」と述べました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍事研究へ誘導やめよ ― 軍... | トップ | 孫はかわいい 原発怖い ― ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。