日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

市民「米山さん勝たせる」 ― ママたち 電話かけに奮闘

2016-10-13 | 地方政治

 16日投票の新潟県知事選は、市民団体と5野党が擁立する米山隆一候補(49)が猛追し、大激戦、大接戦となっています。参院選に続く、県知事選で市民と野党の共同が進化し、「なんとしても当選させよう」と、多くの市民が立ち上がる選挙となっています


写真

(写真)市民の力で米山隆一候補を押し上げたい、と集まったママたち=10日、新潟県上越市

 上越市内で10日に開かれた米山候補の個人演説会には、100人近いママさんたちが幼子を抱えながら壇上に上がり、「守りたい命。守りたい未来」とアピール。参加者の熱気に包まれました。パパと一緒に6カ月、4歳、5歳の子を連れた女性(34)は、「未来に原発は動いてほしくないから」との思いです。

 米山候補の各地の事務所はどこも、党派を超えた市民たちの熱気でいっぱい。長岡市の事務所でも、若いママたちが電話かけや宣伝に懸命です。

 新潟市の事務所で連日早朝から手伝いをしている女性は、「多くの人たちから『参院選よりがんばっている』という声が返ってきます」と話します。自公が推薦する森民夫候補が知事になったら、本当に柏崎刈羽原発が再稼働されてしまう危機感からです。「以前は親しい人にしか声をかけなかったけれど、今回は手当たりしだいです」と意気込みます。

 上越事務所の中心メンバーの一人の男性は、市民のかつてない規模での運動の広がりを強調しながら、「政治に無関心だった妻から『がんばって』と励まされ、初めて電話かけをしてくれた」といいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧西独法務省幹部 戦後すぐ... | トップ | 要介護1・2 保険給付外し... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。