日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

「共謀罪必ず廃止」続く声 ― “自公維に選挙で審判”

2017-06-16 | 危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな

国会周辺 市民の抗議

 自民、公明、維新の各党が「共謀罪」法案を参院本会議で強行した15日朝、多くの市民が国会周辺で抗議を続け、「必ず廃止させる」「自民、公明、維新に都議選、総選挙で審判をくだそう」と声をあげました。


議員会館前

写真

(写真)「共謀罪」強行採決直後、夜を徹して廃案を求めた人たちとともに抗議する野党の議員。壇上は報告する小池晃書記局長=15日、衆院第2議員会館前

 強行採決直後の午前8時すぎ、衆院第2議員会館前で、共謀罪の強行採決に抗議する緊急国会行動がおこなわれました。民進、共産、自由、社民の4党と「沖縄の風」の国会議員が参加し、市民と一緒に「共謀罪は必ず廃止」「説明できない法律いらない」とコールしました。

 日本共産党から23人の衆参両院議員が参加。あいさつした小池晃書記局長(参院議員)は、「憲法違反の共謀罪を廃止させるたたかいが今日から始まる。力を合わせよう」とのべ、「加計・森友疑惑にふたをして、一日も早く国会を閉じるために弾圧立法を強行した。市民と野党の共闘で安倍暴走政治を打ち倒し、新しい政治をつくっていこう」と呼びかけました。

国会正門前

写真

(写真)国会議事堂に向かって「野党は頑張れ」「共謀罪絶対反対」と声をあげる人たち=15日午前4時すぎ、国会正門前

 国会正門前では、市民がインターネット中継で審議の様子を見ながら、動議や法案への討論、質疑に立つ野党議員への激励のコールが続きました。

 午前3時54分、秋野公造委員長(公明党)による「中間報告」を議題とする動議への質疑が始まり、民進党・田名部匡代議員、日本共産党・井上哲士議員の討論がはじまると「野党は頑張れ」「田名部がんばれ」「井上がんばれ」「共謀罪は絶対反対」とコール。

 5時57分、法案の質疑で、民進党・小川敏夫議員、6時17分に日本共産党・仁比聡平議員がそれぞれ登壇。金田勝年法相が「成立後も説明に努める」と答弁すると「これまでの審議は何だったのか」や「与党は質疑にも立たないのか」の声が起きました。

 6時37分、民進党の蓮舫代表が反対討論を始めると「蓮舫がんばれ」、同50分に仁比議員が討論に立つと「仁比さんがんばれ」のコール。途中、自民党の西田昌司議員が賛成討論で「テロ対策」を口実にあげると「テロ対策とうそをつくな」のコールに変わりました。

 議長が採決を宣言すると「強行採決絶対反対」「野党はがんばれ」のコールとともに、「賛成議員は絶対許さない」の声も。

 7時47分、議長が可決を宣言すると「安倍はやめろ」のコールが起きました。

 東京都杉並区の会社経営の男性(57)は「金田大臣の答弁は最後まで変わらなかった。大臣が理解できない法案を国民の理解も得ずに通した。しかも『中間報告』という異常なやり方だ。都議選、総選挙で自民、公明、維新に私たちの意思をしっかり示したい」と語りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」強行に怒り沸騰 ―... | トップ | 「加計文書」 文科省認める... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。