日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

新基地建設差し止め提訴へ ― 沖縄県議会が議案可決

2017-07-16 | 日本共産党は広範な組織や団体・市民と連携

 沖縄県議会は14日、名護市辺野古の新基地建設の差し止めを求める「訴えの提起について」の議案と、提訴に必要な費用を計上した補正予算案を、いずれも与党会派の賛成多数で可決しました。これを受けて県は月内に那覇地方裁判所に提訴。あわせて、判決が出るまでの間は工事を止めるよう求める仮処分を申し立てる方針です。民意も法も無視して工事を強行する安倍政権の暴走が司法の場で問われます。


写真

(写真)与党の賛成多数で辺野古差し止め訴訟案を可決した沖縄県議会=14日

共産党などが賛成

自維反対 公明退席

 差し止め訴訟は、安倍政権が今年3月に期限が切れた岩礁破砕許可を翁長雄志知事から新たに得ないまま、サンゴ礁の破壊など海底の改変につながる工事を強行していることを問題視。こうした工事は違法であるとして、差し止めを求めるものです一方、国は今年3月、「県知事からの許可が必要」とした従来の見解を突如変更し、地元漁協が漁業権を放棄したため、許可は必要ないとの立場です。

 翁長知事は県議会で、「沖縄防衛局は県の再三の行政指導に応じず、護岸工事に着手し、岩礁破砕行為を行うことが確実な状況になっている。これらのことから岩礁破砕等行為の差し止めについて訴えを提起するため議決を求める」として提案していました。

 自民党は、勝つ見込みのない裁判で職権乱用などと反対。維新の会も反対に回り、公明党は退席しました。

 日本共産党の瀬長美佐雄議員は、「訴えの提起について」の議案に対する賛成討論を行いました。瀬長議員は、漁業権の免許関連事務は自治事務であり、解釈権は沖縄県にあると述べ、「沖縄防衛局が漁業権は存在しないと言い張るのは、無法に無法を重ねる二重の暴挙」と批判しました。

 また、比嘉瑞己議員は、補正予算に対する賛成討論で「辺野古での埋め立て工事は、政府がこれまで示してきた法律の解釈を百八十度変えて強行している違法な工事です。法治国家にあるまじき違法工事である以上、沖縄県は正々堂々と司法に問うべきであり、翁長知事の決断を支持する」と表明しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の劉暁波氏死去 ― 民主... | トップ | 加計疑惑 獣医学部認定前か... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。