日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

国挙げ再稼働の音頭 “柏崎刈羽動かし東電経営改善” ― 福島事故賠償はその“果実”で

2016-10-15 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電

 政府は今月、東京電力福島第1原発の賠償や除染・廃炉費用の国民負担と合わせ、東電の経営改革のあり方の検討を始めました。そのなかで「柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働の遅れ」を東電の経営改革の課題に掲げ、国を挙げて再稼働の音頭をとっています県内世論の6割以上が再稼働に反対し、カギを握る新潟県知事選が注目されています


写真

(写真)政府の東電委員会で配布された資料「東電問題」には、今後の課題に「柏崎刈羽原発の再稼働が遅延」を掲げています拡大図

 5日に開いた経済産業省の「東電改革・1F(福島第1原発)問題委員会」(東電委員会)の初会合。経済同友会代表幹事はじめ、経団連会長が推薦したというKDDI会長、原発メーカーの日立製作所名誉会長らわずか10人のメンバーに東電の広瀬直己社長がオブザーバー参加して非公開で行われました。

 後で公表された政府の資料には、「東電改革の姿は、電力産業の将来を示し」「福島復興、原子力事業、原子力政策の根幹的課題」と明記し、国が関わることを正当化。経営改革の「果実をもって」「福島への責任を果たし、国民に還元する」などと、経営改革を最優先にしています。

 この経営改革の一つに位置づけられているのが、柏崎刈羽原発の再稼働です。7月に発表した東電の「経営改革の方針」で5原則の1番目に「柏崎刈羽原発の再稼働の環境整備に全力を尽くす」などとしています。

 2014年に策定し、国が認定した東電の「新・総合特別事業計画」では、柏崎刈羽原発6、7号機は14年7月に、その後1、5号機を順次動かす計画でした。原発1基を動かせば、年間約1000億~1450億円のコストが削減できると東電は見込んでいます。

 政府の資料は、柏崎刈羽原発の再稼働の遅れなどで「構造的な収支は未改善」などと経営の現状を評価。「福島費用が上振れ」と「柏崎刈羽原発の再稼働が遅延」を今後の課題に挙げ、再稼働問題を前面に出しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米山氏勝利で「県民の旗」立... | トップ | 国連総会 核兵器禁止条約の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。