日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

九州北部豪雨 受け入れ本格的に開始 ― 共産党ボランティアセンター

2017-07-27 | 国会論戦

 九州北部豪雨の復興のため全国から集まる支援者の拠点となる日本共産党の救援ボランティアセンター(福岡県朝倉市杷木)は26日、専用電話が設置され、ボランティアの受け入れが本格的に始まりました。

 26日は5人が東峰村の社会福祉協議会の活動に参加し、家屋に入り込んだ石交じりの泥を手作業で取り除きました。

 仲間に支援を訴えるために、まず参加した福岡県建設労働組合大川三潴(おおかわみづま)支部の江頭末春さん(59)は「仮設住宅建設など、復旧に向け建設業の仲間には大きな役目が課せられている。生活再建に仲間たちの力を集めるとともに、木造仮設の払い下げなど安全・安心な地域づくりの提案をしたい」と話しました。

 支援を受けた岩田謙二さん(72)は「車の窓ガラスの高さまで泥をかぶり、ボランティアが来なければ生活どころではなかった」と語りました。

 センターは20日に開設。ボランティアの活動内容は、▽朝倉市・東峰村の社会福祉協議会と協力した家屋の泥出しや片付け▽党や民主団体に要望が寄せられた店舗や農地で泥出し▽被災地域を戸別訪問してのチラシ配布・要望聞き取り―の三つとなっています。

 申し込み方法 活動参加には事前申し込みが必要。参加する日の2日前までにお問い合わせください。また、各地の社会福祉協議会で加入できる「ボランティア活動保険」にご加入ください。

 「日本共産党九州北部豪雨救援ボランティアセンター」 場所=朝倉市杷木志波21「やすらぎの里 めだか」1階。電話=0946(63)8011、ファクス=0946(63)8012。

九州大水害救援募金受け付けています

日本共産党中央委員会

【郵便振替口座】

 00170-9-140321

【加入者名】

 日本共産党災害募金係

※通信欄に「九州水害募金」と記してください。手数料はご負担願います。

図
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豪雨・震災 支援を要請 ― ... | トップ | 内閣改造(昨夏)後「加計あ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国会論戦」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。