日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

農水相 「調整金」での値引き認める ― 紙議員がSBS米価格偽装で追及

2016-10-12 | TPP参加反対

 日本共産党の紙智子議員は11日の参院予算委員会で、「売買同時入札」(SBS)米の価格偽装問題を取り上げました。安倍晋三首相は、輸入業者による裏金である調整金の存在を認めました。山本有二農水相は、調整金が、価格引き下げに用いられていた事実を認めました。

 紙氏は、「政府は、SBS取引は国家貿易であり、国家貿易が維持されるから国内価格には影響しないと説明してきた。調整金の存在が明らかになったことで国家貿易の信頼性が根底から崩れた」と強調し、「環太平洋連携協定(TPP)の影響試算の根底が崩れた。試算をやり直すべきだ」と求めました。

 農水省は7日、輸入米の入札に関する調査結果を公表し、買い受け業者の4割、輸入業者の7割で「調整金」と呼ばれる金銭授受があったことが明らかになりました。安倍首相は紙議員に、「民間同士で調整金と言われている金銭のやりとりがあったのは事実だ」と認めました。

 紙氏は、調整金による輸入米取引に関するパネル(図)を示し、農水省調査の回答項目にある「(調整金は)SBS米の落札を確実にするため」というのは、「調整金で値引きすることを約束し、入札したということではないか」と迫りました。

 山本農水相は調査結果にふれ、「入札契約とまったく関係する場合もあれば、関係しない場合もある」と答弁。国、輸入業者、卸業者の3者契約の外で民間事業者間の金銭の授受があったことを、事実上認めました。

 紙氏は、国がつくった公の取引の外での金銭の授受により、国の仕組みがゆがめられたと強調。「これを不正取引、裏取引というのだ。政府にはその自覚がまったくない」と批判しました。山本農水相は「違法ではない」と強弁。「調査は、限界もあり、クリアにならない点もある」と述べ、農水省の調査に欠陥があることを自ら明らかにしました。

図
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先行返還ありうるが、その場... | トップ | 沖縄・高江 オスプレイパッ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。