日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

外国人技能実習制度に懸念 ― 対象拡大 畑野議員が問題点指摘

2017-07-15 | 日本共産党は広範な組織や団体・市民と連携

 外国人技能実習制度の対象を拡大する新法が11月に施行されるのを前に、日本共産党の畑野君枝衆院議員は13日、法務省と厚生労働省から運用要綱についての聞き取りを行うとともに問題点を指摘しました。

 不当労働や人権侵害を強いられている実習生を支援している愛知県労働組合総連合の榑松(くれまつ)佐一議長も同席。榑松氏は、監理団体の調査や実習生からの相談などを行うために新たに新設される「外国人技能実習機構」について、全国に13カ所、職員は全体で254人足らずであると指摘。「愛知県だけで2000ちかい事業所が実習生を受け入れており、全然足らない」として機構の不備を指摘しました。

 監理団体が行う監査について派遣社員が行えるのかとの質問に省庁の担当者は「実質的に監理団体でないものが監査を行うことは名義貸しにあたりできない」と答えました。

 畑野議員は「高額な寄宿舎など国会審議を通じて追及してきた点に対策がとられました。しかし建設業、農業で失そう者が多発するなど課題は山積しており、国土交通省や農林水産省など省庁を超えた対策は急務です。11月からは介護分野も加わることが予定され事態は深刻です」として同制度への懸念を示しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川崎ヘイトデモ許すな ― は... | トップ | 損保ジャパン日本興亜の法令... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。