日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

無害化未達成 小池都知事 業者に謝罪 ― 築地整備求める声

2017-06-18 | 地方政治

 東京都が築地市場(中央区)の移転先とする豊洲新市場(江東区、東京ガス豊洲工場跡地)の土壌汚染問題で、小池百合子都知事は17日、築地市場を訪問し、都が豊洲市場開場の条件として約束した汚染土壌の「無害化」を達成できていないことについて、市場関係者に謝罪しました。

 築地市場講堂に集まった約130人の業者らを前に、小池知事は「約束を守れていないことについて、改めて都知事としておわび申し上げたい」と謝罪。築地市場が仲卸業者の「目利き」の力で築かれた世界にまれなブランド力を持つことにふれ「その歴史をあっという間に消し去ることはできない。築地という東京の宝をどう継続させ、発展させるか、みなさんと知恵を出したい」と述べました。

 仲卸業者などの市場関係者が、豊洲移転に賛成、反対を含むさまざまな立場から発言しました。

 水産仲卸でつくる東京魚市場卸協同組合の早山豊理事長は、豊洲移転の可否について「時間をかけてしっかり検証、検討し、私たちにもちゃんと報告してほしい。私たちの考えも知事にお示ししたい」。水産仲卸「大政本店」の小槻義夫さんは「豊洲への移転は、安全・安心が確保できないので、築地で再整備してほしいというのが仲卸の大多数の意見だ。築地の地を離れると築地ブランドはなくなる」と語りました。

 小池知事は「みなさんの声、思いをちゃんと生かす(判断をしたい)。築地は東京の、日本の食の中心であり続けることは変わらない。みなさんからも意見を聞き、基本的な方針を詰めていきたい」と述べました。

 懇談に出席できなかった市場業者らは会場付近でインターネット中継を見守り、懇談を終えた小池知事が姿を見せると「築地で再整備をしてください」などと声をかけました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公明新聞に広告190回 ― ... | トップ | 核物質の扱いずさん ― 原子... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。