日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

「共謀罪」 メールなどが監視されるシステムが提供? ― スノーデン未公開フィルの衝撃

2017-04-29 | 危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな

 衝撃的です!米ジャーナリストらによるニュースサイトが公開した秘密文書のことです(24日)。

 米国最大の諜報(ちょうほう)機関=国家安全保障局(NSA)が日本の情報機関に「エックスキースコア」という監視システムを提供していたことを明記していました

 公開したサイトは「インターセプト」。米中央情報局(CIA)の元職員スノーデン氏を取材し、世界中の通信を傍受していたNSAの活動実態を暴露したグリーンウォルド氏らが設立しました。継続的にスノーデン氏の文書を公開しており、今回の文書もその一環です

  問題の文書は2013年のもの。日本の情報機関要員が同システムについて訓練されておらず、同4月に3日間の訓練を行うことなどを記しています

 同サイトによると、この監視システムは、インターネットを流れるメールなどの情報を丸ごと収集し、一定期間保存するもの。監視対象はテロリストだけではありません。13年の別の極秘文書によると、オバマ米大統領(当時)との会談前に潘基文(パンギムン)国連事務総長(同)が予定していた発言内容の入手にも使われたといいます

 衆院で審議が始まっている「共謀罪」法案。罪に問われるのが心の中の「計画・合意」であるため、メールなどが監視される危険が指摘されています。それが可能なシステムが提供されていたとすれば重大です

 急がれるのは、日本の情報機関がNSAと協力してどんな国民監視をしてきたのかの究明です。法案の今国会成立など、とんでもありません。

 

アメリカに監視される日本 スノーデン未公開フィルの衝撃(Ⅰ)
               
   ― 4/24放映NHK「クローズアップ現代より

 
 米軍の諜報活動のため日本の税金が5億ドル・・・アメリカに監視される日本・・・アメリカが日本を監視・・・など
 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復興相「原発事故」触れず ―... | トップ | 沖縄・辺野古で県民集会に3... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。