日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

客室乗務員 「妊娠→無給休職」を改善 希望者は地上勤務に ― 「マタハラ」裁判中 日航 労組に回答

2017-03-20 | 日本共産党は広範な組織や団体・市民と連携

 妊娠した客室乗務員に対して一方的に無給休職を命令し、マタニティーハラスメント(マタハラ)だと訴えられている日本航空が、妊娠しても原則として希望者全員を地上勤務に配置すると労働組合に回答したことが19日までに分かりました。


写真

(写真)マタハラ裁判の署名提出前に宣伝する日航客室乗務員と支援者たち=15日、東京地裁前

 客室乗務員は妊娠すると、母体保護のため乗務につけません。日航には、妊娠中に休職するか、地上勤務に転換するかを選択できる「産前地上勤務制度」がありますが、2008年、会社が制度改悪して以来、ほとんどの客室乗務員が地上勤務につけなくなりました。休職中は無給となり、勤続年数にも反映されず、社員寮で暮らしている場合は退去となるなど不利益がありました

 日航キャビンクルーユニオン(CCU)組合員の神野(じんの)知子さんが14年8月、妊娠を確認して産前地上勤務を会社に申し出たところ、会社は一方的に休職を命令。神野さんは、15年6月に東京地裁に提訴しました。

 今年の春闘で制度改善を求めるCCUに対し、会社は3月14日付の要求回答文書に「産前地上勤務を希望する客室乗務員について、原則として全員配置する運用を開始いたします」と明記しました。

 神野さんは昨年、育休期間を終えて乗務に復帰。今年2月に第2子を妊娠したことが分かり、今度は地上勤務としてパイロット部門の地上補助業務につけました。

 マタハラ裁判を和解する予定がないか日航に問い合わせたところ、「コメントはありません」と答えました。

 現在の産前地上勤務は1日5時間の短時間勤務とされており、CCUはフルタイム8時間と5時間を客室乗務員が選択できるよう、さらに改善すべきだと主張しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  準備金の入学前支給 ― 文... | トップ | “東ガスとの基本合意後、関与... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。