日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

北朝鮮問題で習主席 ― トランプ氏に冷静対応要求

2017-04-25 | 国際ニュース・世界情勢

 中国の習近平国家主席は24日、トランプ米大統領と電話で北朝鮮情勢について意見交換しました。中国外務省によると、習主席は、6回目の核実験の準備を進めているとされる北朝鮮を念頭に、「国連安保理決議に違反する行為には断固反対だ」と強調。一方で、「関係国は自制を保ち、朝鮮半島情勢の緊張を高める行為は避けるべきだ」と米国に冷静な対応を求めました。

 習主席は「関係国が責任を持って向き合ってこそ、核問題を早期に解決できる」「われわれは米国など関係国とともに、朝鮮半島・北東アジア・世界の平和のために努力したい」と語りました。

 米中首脳は6、7の両日に米フロリダ州で初の首脳会談を行ったほか、12日にも電話で協議しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銃弾とみられる物発見で ― ... | トップ | 「軍事的選択肢」評価は危険... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際ニュース・世界情勢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。