日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

オスプレイ豪沖墜落! それでも 米 飛行停止せず 乗組員3人死亡 事故「最も重大」

2017-08-09 | 安保・沖縄を問う!アメリカの占領下か!
写真

(写真)豪州沖でのオスプレイ墜落で行方不明者の捜索を行う米軍。手前が強襲揚陸艦ボノム・リシャールと駐機しているオスプレイ。奥がドック型揚陸艦グリーン・ベイ=米海兵隊


沖縄米海兵隊は8日、オーストラリア沖で5日に発生したMV22オスプレイ墜落で行方不明になっていた乗組員3人の死亡を確認しました。19~26歳の海兵隊員で、普天間基地(沖縄県宜野湾市)所属のオスプレイの死亡事故は初めてです。米軍の統計資料などによれば、同機の事故に伴う米兵の死者は44人に達しました。

 また、米海軍安全センターは7日までに、航空事故の重大さを示す4段階評価のうち、最も深刻な「クラスA」に分類しました。

 クラスAは「損害額200万ドル以上、死者発生」などと定義されており、今回の損害額は約8320万ドル(約92億3500万円)となっています。事故概要によれば、事故機は洋上でドック型揚陸艦グリーン・ベイ(所属・米海軍佐世保基地)に着艦しようとして衝突し「海中に墜落した」としています。

 オスプレイのクラスA事故は▽昨年12月の沖縄県名護市での墜落▽7月の米本土での機体整備中の落雷・整備士の脳死―に続くもの。過去1年間で3件目という異常事態です。

 こうした事態を受けて、全国でオスプレイの飛行中止・自粛を求める声が相次ぎました。

 神奈川県は9月1日の防災の日の訓練へのオスプレイの参加見送りを決めました。同機の参加は米側が打診していました。

 米空軍のCV22オスプレイ配備が計画されている横田基地(東京都)や、米空軍三沢基地(青森県)の周辺自治体は7日、防衛省に対して再発防止や飛行自粛などを相次いで要請しました。

 しかし、米国防総省のデービス報道部長は7日、「日本の防衛と日米共通の安全保障上の目的を達成するために必要だ」と述べ、飛行自粛を拒否。在沖縄米軍トップのニコルソン四軍調整官も8日、沖縄県の富川盛武副知事が「強い怒りを禁じえない」として原因究明までの飛行自粛を求めたのに対して、「沖縄に限らず世界中で飛んでいるので同列だ。軍の方針だ」として拒否しました

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの潮流 | トップ | 危機打開のため米朝は無条件... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。