日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

首相答弁 大破たん ― 加計申請「知ったのは1月20日」 従来答弁くつがえす

2017-07-26 | 嘘とごまかし政治はいずれ崩壊する

 安倍晋三首相の親友が理事長の学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設問題や稲田朋美防衛相の「日報」隠ぺい疑惑をめぐり25日、参院予算委員会で閉会中審査が開かれました。日本共産党の小池晃書記局長は、安倍首相が同学園の獣医学部新設の要望を知ったのは今年1月20日だったとしたことについて、従来の答弁では愛媛県今治市が国家戦略特区に申請した2年前に知っていたことになっていると指摘。「明らかに虚偽答弁ではないか」と安倍首相の責任を追及しました。

(論戦ハイライト)


写真

(写真)質問する小池晃書記局長=25日、参院予算委

加計氏 相次ぎ大臣面会

 安倍首相は24日の衆院予算委で加計学園の意向を知ったのは、同学園が事業者に認定された今年1月20日だと答弁。小池氏は、安倍首相が国会で▽「特区に申請した段階で、当局から説明をうけるわけで、当然、総理大臣として知りえた」(5月9日)▽「申請を今治市とともに出された段階で承知した」(6月5日)と述べていたことを紹介。今治市が申請したのは2015年6月であり、「2年前の6月には知っていたのではないか」と指摘しました。

 安倍首相は、適切に答えられずに何度も中断。結局、「知りうる立場にあったが、実際には認識しなかった」「申請を決定する段階(今年1月20日)で承知をした」と、従来の答弁を修正しました。小池氏は、「すべての委員会で答えてきたことを全部ひっくり返すような話だ。(審議を)やり直さないとダメだ」と求めました。

 また小池氏は同学園の加計孝太郎理事長が、山本有二農林水産相、山本幸三地方創生担当相と昨年8月から9月にかけて面会したことを指摘。両氏は面会で獣医学部の話が出たことを認めました。「2人の大臣に獣医学部の話をしたのに、何度も加計氏に会っている首相がなぜ知らないのか」と追及。加計氏の証人喚問を求めました。

 小池氏は、特区決定のプロセスに「一点の曇りもない」とする安倍首相の説明を撤回するよう迫りました。撤回を拒否した安倍首相に小池氏は「国民は不信を強めている」と批判しました。

陸自日報

隠ぺい政府ぐるみ 国会で真相解明を

 南スーダンPKO(国連平和維持活動)の「日報」隠ぺい問題で小池氏は、廃棄したとされた「日報」データが陸上自衛隊内に保管されていたことに関し安倍首相が「報告を受けていない」としていることについて、自衛隊の最高指揮官としての責任を追及しました。

 同問題が報道(3月15日)されてから4カ月以上が経過しても、いまだに報告も求めていないのかとただした小池氏に対し、安倍首相は、特別防衛監察中だとして「事情を聞くことはしていない。監察結果を待ちたい」と答弁しました。

 小池氏は、「銃声が響く中で自衛隊が命がけで送った報告を握りつぶしていたかもしれない話を放置して隊員の命が守れるのか。重大事案の報告も受けず確認もしない。自衛隊の最高指揮官としての資格が問われる」と批判。監察を指示した稲田朋美防衛相が隠ぺいに関与した疑惑で調査を受けるなど、「監察そのものの信頼性と正当性が完全に崩れている」と指摘しました。

 安倍首相は「監察が終わって報告を受けるのが手順」というだけ。小池氏は「政府ぐるみで隠ぺいするなら国会が真相解明の役割を果たすしかない」と述べ、稲田氏ら関係者の証人喚問を求めました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変えよう日本 横浜から ― ... | トップ | リビア 停戦・早期選挙へ ―... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

嘘とごまかし政治はいずれ崩壊する」カテゴリの最新記事