日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

「ニュース女子」 放送倫理上大きな懸念 ― 民放労連2地連 東京MXに質問状

2017-01-30 | 報道・ジャーナリズム

 沖縄県東村高江の米軍オスプレイ反対の運動をする人たちを「金で雇われている」などデマで攻撃した東京MXテレビ(東京メトロポリタンテレビジョン)の「ニュース女子」の問題で、放送労働者が、同社に対し質問状を出しました。28、29の両日東京都内で開かれた、日本民間放送労働組合連合会(民放労連)臨時大会で書面が明らかにされました。

 文書は「『ニュース女子』の放送内容に関する質問状」。民放労連関東地方連合会・渡辺豊委員長と同沖縄地方連合会・嘉手納央揮(ひろき)委員長の連名で26日に送付されました。

 質問状は、「放送法及び放送倫理上で大きな懸念を感じる内容の放送がなされました」「沖縄の米軍基地問題に関しては、沖縄とそこに住む市民が戦前・戦中・戦後という日本の歴史の中で強いられてきた様々な経緯があるにもかかわらず、それら歴史的経緯を無視したあまりにも一方的な放送内容になったことと、その後の貴社の対応に関して、放送産業に働く労働者の団体として大きな疑問を抱かざるを得ません」と指摘し、8点をあげ質問しています。1月末までの回答を要求しています。

 このなかで「ニュース女子」が、「現地、高江にも行かず、反対派の取材もせずに一方的な攻撃を行ったことは放送法4条に定める『報道は事実を曲げないですること』『意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること』に抵触していないと考えるか」と指摘しています。

 また、「DHCシアターが製作した番組であっても、放送局には番組に対し放送責任があると考えるか」などの見解を求めています。

 さらに、同社の「放送が真実でなかったり不適切だったことが判明した時は、できるだけ速やかに明確な訂正、取り消しの放送をすると共に再発防止に努めるという放送基準にふれ、「訂正、取り消しの放送をする考えはあるか」とのべています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日米同盟第一」から対等・... | トップ | ホテル客室に南京虐殺否定本... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

報道・ジャーナリズム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。