日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

明日投票 横浜市長選 カジノやめ給食を ― 市民と野党の共同候補 伊藤候補で実現させよう 

2017-07-29 | 各地の選挙戦

 激戦の横浜市長選(30日投票)で市民と野党の共同候補、伊藤ひろたか氏=無所属新=を市長にして、カジノ誘致中止、中学校給食を実現する新しい市政をつくろうと、「新市長とワクワクする横浜をつくる会」は28日夕、桜木町駅北口で宣伝しました。

写真
写真)聴衆の声援に応える伊藤ひろたか市長候補(右から3人目)と野党国会議員ら
=28日、横浜市中区・桜木町駅前

  伊藤氏を支援する市民らがマイクを握り、宣伝カーの周りではシール投票を行い、「カジノより中学校給食を」とアピールしました。

 野党各党から次々に応援弁士が駆け付けました。日本共産党の塩川鉄也衆院議員は「伊藤さんは、市民が望まないカジノはやめさせ、給食を実現する。こんなにわかりやすい政策はない」と強調。市民と野党の共同で勝利した仙台市長選の結果に触れながら「伊藤ひろたか市長の誕生で、横浜でも安倍暴走政治にノーの審判を下そう」と訴えました。さいとう和子衆院議員は「伊藤さんで横浜の未来を開こう」と語りました。

 民進党の江田憲司代表代行は「横浜は、本当は待機児童ワーストワン。“ゼロ”などとうそをつく市長は変えよう」と述べ、自由党の樋高剛県連代表は「新潟県知事選でも最後に逆転した。仙台市長選も市民と野党の共闘候補が勝った。横浜でも実現しよう」と話しました。社民党の森英夫県連福祉委員長も訴えました。

 伊藤候補が駆け付け、「横浜を次の世代につなげる街づくりを私にやらせてほしい」と訴えると、大きな拍手が湧き起こりました。

 一方、現職候補(71)=自民党、公明党推薦=は、27日の街頭演説で中学校給食について「手作りのお弁当を持たせたいお母さんはいる。完全給食にするとできなくなる」などと、市民多数の願いに背を向けました。

 

「ヒバクシャ署名」賛同 伊藤候補のみ
             ― 
3候補アンケート

 「横浜市原爆被災者の会」と「横浜市非核兵器平和都市宣言・市民のつどい実行委員会」は25日、核兵器廃絶の取り組みなどに関する横浜市長選(30日投票)の3人の候補者へのアンケート結果を公表しました。

 市民と野党の共同候補の伊藤ひろたか候補(無・新)だけが、「ヒバクシャ国際署名」に賛同し、「非核兵器平和都市宣言」の看板設置など核兵器廃絶を求める市独自の施策に取り組む考えを表明しました。 

 一方、現職林文子候補(自民・公明・連合神奈川推薦)は「ヒバクシャ国際署名」には賛同せず、「国の動向を見て対応を判断・・」と回答。「非核兵器平和都市宣言」の看板設置については「予定していません」と拒否。 

 自由記述欄で伊藤氏は「原爆ドームを訪れた時に感じた、二度と戦争を起こしてはいけない、核兵器を使うような時代を二度と迎えてはいけない、という感情を忘れることなく活動したい」と記述。 

 長嶋一由候補(無・新)は一括回答で「平和主義をこの横浜で実現するために、できる限りのことは対応させていただく・・・」としている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田防衛相辞任 首相の責任... | トップ |  戦争法具体化 オスプレイ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。